撮影監督の映画批評

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「いつのまにか」の描き方

本日、2016年2月3日の17時から2016年2月7日までの5日間、拙書「いつのまにか」の描き方が無料でダウンロードできます。この機会に是非読んでみてください。
Kindle端末がなくても、PC、Mac、スマホ、タブレット用の Kindle 無料アプリで読むことができます。
  1. 2016/02/03(水) 07:40:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黄金のアデーレ 名画の帰還(サイモン・カーティス)

(ネタバレ注意)


映画は、マリア・アルトマン(ヘレン・ミレン)の回想を挟みながら進む。回想形式は、回想する人物(主人公)に優れて感情移入させることができる。なぜなら主人公は、われわれ観客と同じく「見る(振り返る)ことしかできない」からだ。
マリアが回想するナチによるユダヤ人弾圧を、彼女同様、われわれは「見ることしかできない」 
この「見ることしかできない」という受動性を奇貨として、われわれ観客は主人公マリアに感情移入する。

マリアと同じオーストリア人でありながら、彼女と同じようには見ることが出来ないランディ・シェーンベルク(ライアン・レイノルズ)は、名画「黄金のアデーレ」の評価額を知り、金の為に引き受ける。
マリアとその夫の二人だけが家族を残し脱出せざるをえない回想を再現するかのように、彼女とランディが「黄金のアデーレ」を取り返すことなくオーストリアをあとにせざるをえなくなるそのとき、ランディは「いつのまにか」彼女と同じ視点/ルーツにあることに気づきトイレで嗚咽するのである。

このランディの気づきの後、彼らが「黄金のアデーレ」を取り返し、われわれ観客もまた溜飲を下げる。それだけでは凡百の映画とかわらない。この映画が見事なのは、その後マリアにもランディと同じ気づきを与えるからである。

ランディは金の為に引き受けるが、画を取り戻せないことで、取り戻すべき自らのルーツがそこにあることに気づく。そしてマリアは、叔母の画を取り戻せたことで、永遠に取り戻せないものに気づく。家族である。
回想で語り落とされていた父親の「忘れないでくれ」という言葉、しかし彼女が最も忘れたい家族を残してきたという事実。このアンビバレンツに涙が止まらない。
「いつのまにか」画を取り戻すことに、残してきた家族を取り戻すことを重ねていたことに気づき、そしてそれは決して出来ないことだと知る。

二度描かれる「いつのまにか」の気づきが、片やトイレの個室、片や喧噪から離れた部屋でなされる。後者でのマリアの寄辺なさの描写が素晴らしい。喧噪とのコントラスト。空っぽの空間。穿たれた窓から見られた家族が遊んでいる光景。そこに現れるランディに彼女でなくとも身を任さずにはいられない。
  1. 2015/12/09(水) 00:29:43|
  2. 映画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

下町ロケット TBS版、WOWOW版との比較

最初に断っておかなければならないのが、TBS版を見て原作を読み、そしてDVDにてWOWOW版を見るというその順序が、なんらかのバイアスとなっているであろうことである。たとえそれが逆であろうと評価は変らないと思うのだが、それこそバイアスによるものかもしれない。とにかく結論からいえば、今回のTBS版を高く買っている。

まずスタイルの違いから。TBS版は、「半沢直樹」のとき以上に「英国王のスピーチ」(トム・フーパー)を意識しているのではないかと思われるワイドレンズを多用した引きの画と、極端なヨリのコントラストで見せる。
WOWOW版は、長回しが多くクロースアップ以外は大概ゆるやかに移動している。ただ長回しと言っても、人物はほとんど動かない。カット数の多いTBS版がしっかり人物を動かしているのに対して、WOWOW版は一度対面して座った人物は一向に動かない。これは演出のパターンからくるものと思われる。
WOWOW版の演出が登場人物を着席させていって始まるスタイルなのに対し、TBS版の演出は席についている登場人物を立ち上がらせていくという基本的なスタイルの違いがある。一度席につけてしまうと動かしようがないが、立ち上がらせれば、いくらでも動かせる。もちろん着席してからでも起立することはできるが、さすがにハードルは高い。

WOWOW版にTBS版ほど予算がないのは明らかで、それは何よりも帝国重工のロケセットと1シーンに登場する役者の人数、カット数に顕著である。逆にいうとTBS版は、その違いを十二分に活かしている。つまりフレーム内に収まる人数の違いでカット間のコントラストを生み出し、それでドラマの葛藤/対立を演出している。
おそらく佃製作所のロケセットが目一杯で帝国重工側まで予算をかけられなかったのであろうWOWOW版は、TBS版の圧倒的な大企業感というのは出せていない。TBS版が巧いのは、ただ物量で大企業感を出しているだけでなく、度々出てくる帝国重工のエンブレムを巨大にして、それを後ろに財前(吉川晃司)ら人物を小さく見せているところである。サイズで小さく見せるのではなく、コントラストで小さく見せる。スペースを大きく見せるには人物を相対的に小さく見せればいい。

次にストーリー。TBS版が原作通りチームビルディングを描いているのに対し、WOWOW版は佃航平(三上博史)、財前(渡部篤郎)、神谷弁護士(寺島しのぶ)それぞれの並行するドラマに改変されている。これが大きな違い。
この違いはまず経理部長の殿村の扱いに見て取れる。TBS版では殿村(立川談春)がチーム(会社)の異物として登場し、第一話をかけて彼がチームの一員になるまでを描いている。ビジュアルとしても殿村が一人去っていく後ろ姿を何度も見せるのだし、それこそ数のコントラストを使って、殿村だけ常に一人離れて配置される。最も会社のことを考えてないと思われた殿村が、誰もがナカシマ工業の傘下已む無しというなかで、最後まで一人諦めないのである。
この話型が第一話のみならず、第三話では財前、第四話では反対していた社員、江原、迫田ら、第五話では帝国重工、というように繰り返され、回を重ねるごとにチームとして出来上がっていく。それぞれが ”見くびられていたバルブシステムが、最終的にロケットを飛ばす” というテーマの変奏なのだ。
高を括り見くびるのは、白水銀行、ナカシマ工業、帝国重工、海外のロケット産業であり、”敵の敵は味方” 式に、これら共通の敵を持つことで連帯していくのである。

一方、WOWOW版の殿村(小市慢太郎)はといえば、その他大勢の一人にすぎない。TBS版のようなチームビルディングに重きが置かれていないので、TBS版の佃(阿部寛)が、研究か経営かで引き裂かれるのと対照的に、WOWOW版の佃(三上博史)は、その都度最適解を探すような印象になってしまっている。
特に特許を売却するか使用契約にするかの話し合いのシーンがそうで、WOWOW版では神谷弁護士がそこに同席していて彼女に「使用契約の方が儲かるだろう」と言わせてしまっている。その後に佃(三上博史)が「使用契約でいこうと思う」と言うのだが、それはもうただ最適解を選んだだけにしか聞こえない。もちろんTBS版のようにその判断で会社が二分するというような描写もない。なぜならチームビルディングの話ではないからだ。

最後にもう一点だけ、ラスト、ロケットの打ち上げをどのように演出しているか。WOWOW版では全員が、飛んでいくロケットを目で追っている。TBS版では、皆がロケットを目で追う中、佃(阿部寛)だけが目を閉じ手を組んで祈る。それ自体はことさら採り上げるまでもない演出であるが、その佃を娘、利菜(土屋太鳳)に見つめさせているのだ。さりげないがこれができるかできないかが大きい。



テーマ:最近のドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2015/11/18(水) 22:42:22|
  2. 演出
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エール!(エリック・ラティゴ)

(ネタバレ注意)


冒頭、家族のなかで一人だけ耳が聴こえるポーラ(ルアンヌ・エメラ)が主人公であることを、耳の聴こえない家族がたてる音を殊更強調し、それが聴こえてしまうことで、そこから彼女と観客だけが引きこもることで、つまりは彼女の主観的音像を観客とだけ共有することで、表現している。
その直後、彼女はヘッドホンで音楽を聴きながら自転車を走らせ、本来なら彼女だけが聴くことのできるはずの音楽をわれわれ観客と共有する。
消極的に彼女だけ聴こえてしまうことと、積極的に彼女だけが聴くこと、それぞれを主観的な音の演出で見せ、一気に彼女に感情移入させてしまうのが巧い。

オバマと名付けられた黒い牛をかわいいと言う友人に、いずれ食肉にするために手放すのだから情が移らないようにしなければいけないと諭すポーラ。当然そこに家族からの自立というメタファーが見て取れる。
それが証拠に、そう言ったはずのポーラ自身が、その言葉にとらわれる。
中盤、野に放った牛を距離を持って見つめるポーラのまなざしは、すでに牛に情が移ってしまっていることを物語っている。そのポーラを距離を持って見つめるポーラの母。
さて、そうなるとこの牛を手放すシーンが象徴的に描かれるのだろうと高を括るのだが、さにあらず、もう牛は出てこないのだ。

学校での発表会で、観客は耳が聴こえない家族の主観的音像を共有する。
これは、冒頭のポーラの主観と対になっている。冒頭のポーラが、聴こえない家族の中で一人だけ、聴こえてしまうことで観客と引きこもったのに対し、ここではポーラの歌を聴いている聴衆の中で三人だけ、聴こえないことで観客と引きこもるのだ。
観客は、聴衆が絶賛するも、家族同様、手放しでは喜べない。なぜならそこでは歌が奪われているからだ。
その夜、ポーラののどに手をあてることで、ようやく父親とわれわれ観客は歌を聴くことができる。
ここでのわれわれ観客の感動(音像/ズレ)は、父親側からのものである。

ラスト、オーディション会場での歌は、手話を交えることで、ポーラにも、家族にも、もちろんわれわれ観客にも、聴こえる。
ここでのわれわれ観客の感動(音像)に、ここまでにあった偏り/ズレはない。

手話を交えて歌うということ自体は、実にシンプルな発想、この設定であれば誰もが思いつくたぐいのもので、それ自体にさして力はない。はずのものが、ここまで感動的なのは、そこまでをどう描き分けてきたかによるのである。ディスコミュニケーションを描いているからこそ、コミュニケーションが活きるのだ。





テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2015/11/01(日) 02:26:52|
  2. 映画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無料でDCP(デジタルシネマ・パッケージ)をつくる。

今回は映画批評ではなく、DCP(デジタルシネマ・パッケージ)の作成方法を紹介。

小規模映画、ましてやインディペンデント映画になると、上映の際、DCP変換にかかる費用が捻出できず、Blu-rayでの上映という残念なことになってしまうことがあると思われる。しかし、Blu-rayですらオーサリングに某かの費用がかかるのに対し、DCPであればフリーソフトを使用し完全無料で作成することができるのだ。グレーディングからDCPまで一貫してカラーマネジメントされた工程を踏めるのであれば、それに越したことはないが、そうでないなら以下の作業で作られたDCPがクオリティにおいて劣るわけではないので、同じだろう。

DCP作成のフリーソフトで、よく知られているのはOpenDCPだと思う。OpenDCPを使った作成方法は、こちらの記事(4K漂流記〜東京藝大における事例・第4回)に詳しい。
また、そもそもDCPとは何ぞやという方は、こちらを。(DCP基礎知識 - 東北芸術工科大学

この記事では、DCP-o-maticというフリーソフトを使った作成方法を紹介したい。個人的にはOpenDCPよりも便利で簡単だと思う。

まず用意するのは動画ファイルと、音声ファイル。具体例があるとわかりよいので、最近DCP変換した作品を例にとって説明しよう。
元素材は、SONY α7Sで撮影、ATOMOS SHOGUNにて収録し、編集にてシネマスコープサイズ2.39:1(DCPのScopeサイズ2.39:1に合わせている)にクロップ、一部素材は4K収録ながら、2Kにて仕上げている。
グレーディングの後、ProRes422HQにて書き出し。これが動画ファイル。
音声ファイルは、ダビングの後、5.1ch、それぞれ1chずつわけて計6つのWAVファイル(48kHz 24bit)として受け取っている。

注意しなければならないのがフレームレートで、α7Sの場合、23.98fpsでの収録になるので、編集上で24.00fpsに変換してやるか、WAVファイルを23.98fpsで書き出してもらうかして双方のレートを揃えなければならない。DCPは24.00fpsなので、24.00fpsで撮影できるキャメラであれば、端から24.00fpsで撮影した方がいい。
今回はα7Sが24.00fps収録できないので、WAVファイルを23.98fpsで書き出してもらった。

1)まず動画ファイルをAdd file(s)...をクリックして追加すると次のような画面になる。

dcp1

デフォルトのContainerがFLAT(1.85:1) 1998×1080になっているので、FullHD 1920×1080を上下クロップした素材は上のようになる。
この作品はシネマスコープサイズ(2.39:1)なので、①DCPタブを選択し、②ContainerでScope(2048×858)を選択する。

dcp2

次にContentタブに戻って、上下の黒味をクロップする。そもそもその黒味は編集時にFullHD 1920×1080を見かけ上2.39:1=1920×804にするために上下に足したものだ。③Top crop/Bottom cropをそれぞれ138px/138pxとし、Cropped to 1920×804となるようにする。
そして④Scale to Scopeとして左右をContainerに合わせる。

dcp3

Colour conversionに関してはRec.709にしておけば問題ないだろう。

DCPタブ内のファイル名に関しての説明は割愛。
JPEG2000 bandwidthに関しては、MAX 250Mbit/sまであげることができるが、プロジェクターによっては問題が報告されているようなのでデフォルトの200Mbit/sが推奨されている。
Standardに関しては、デフォルトはSMPTEだが、古いプロジェクターだと読み込まない場合があるのでInteropにしておくといい。

次に音声ファイルを読み込み、Audioタブ内でそれぞれチャンネルを割り当てる。

dcp4

最後に、もし頭にリーダーがついている場合、DCP化に伴い、それを取り除かなければならない。Timingタブ内で、開始したい位置のタイムコードをTrim from startに入力、Setしてやればいい。

あとはJobsからMake DCPを選択すれば、できあがるのを待つだけである。

できあがったDCPが本当に再生できるのか簡易的に確認したい場合はどうすればいいか。
タダでということであれば、MacならeasyDCPplayerのトライアル版、あるいはDoremi CinePlayerの評価版で、時間制限はあるが見ることはできる。
WindowsならdcpPlayerFreeで時間制限なしで確認できる。

さて厄介なのは、DCPプレイヤーにデータをインジェストするのにHDDにコピーしなければならないのだが、DCPプレイヤーが受けつけるファイルシステムがext2、ext3とLinuxのものであることだ。Mac、Windows(NTFSならインジェストできるものもあるが......)のファイルシステムでは受け付けてくれない。
私はMacユーザーなのでVirtualBoxに、Ubuntuをインストールし、GPartedでHDDをext3にフォーマットしてDCPデータをコピーしている。これも全てタダだが、ちょいと面倒ではある。


DCP変換/オーサリングで、お困りのようでしたら相談に乗ります。左記メールフォームよりお問合せください。以上のようなことなので、どこよりも安く対応いたします











  1. 2015/10/31(土) 21:22:23|
  2. 撮影TIPS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

著書

プロフィール

Author:中澤正行
撮影監督

主な作品
2006「天使の卵」
同年 第50回三浦賞受賞
2008「あの空をおぼえてる」

Follow Me on Pinterest

メールフォーム

お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。