撮影監督の映画批評

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

岡崎体育『MUSIC VIDEO』から考える



--このMV制作のアイデアが出たきっかけはなんでしょうか?

岡崎体育: 2010年代において、予算や費用の少ない中で活動するインディーズアーティストが知名度を上げるためには、ハイクオリティで類を見ないミュージックビデオのアウトプットが最も重要だと考えています。それを念頭においた上で色々な打ち出し方を探りましたが、結局もう「ミュージックビデオのことそのまま歌にしたら面白いんちゃうかな」というメタ表現に行き着きました。 きっかけとかは特になく、急にフワッとそういう方向に行き着きました。

SENSORS:岡崎体育「MUSIC VIDEO」MVの"あるある"をMVに 制作のきっかけとは

本人もメタ表現と言っているようにシニカルな視点が面白く、随分と話題になっているようである。これを見て思ったのは、「予算や費用の少ない中で活動するインディーズアーティストが知名度を上げるため」にこれから作られようとするMVが、いわば失語症のようなものに陥るのではないかということだ。

 私たちは、思想内容をいくら批判されてもこたえないが、思想を語る言葉遣いを批判されると一言も返せなくなる(おそらく、「文体」がバルトの言うように生物学的に刻印された私たちの宿命、私たちの「牢獄」だからである)。「言葉遣い」についての批判に反論しようとするとき、私たちは反論そのものが批判者の正しさを確証することしかできないことに気づく。つまり、その「パターン」をすっかり見透かされてしまった語法によってしか、自分が語り得ないということに気づくからである。
 才能のある論争家はこのこと直感的に知っている。例えばサルトルがそうだ。サルトルはモーリアック、メルロー=ポンティ、カミュと、論敵たちの「言葉遣い」をあげつらって、彼らを次々と失語症に追い込んでいった。

内田樹『ためらいの倫理学』角川文庫


とはいえ、MVはこれからも岡崎体育が歌った「パターン」で撮られていくにちがいない。なぜなら人は、自分がシニカルに笑った当のそのもので、感動することができるからだ。
ここで思い出されるのが、『くりぃむしちゅーのたりらリラ〜ン』という10年前のバラエティ番組内での1コーナーである。

クイズよくあるパターン ベタの世界
100人のアンケートに基づいて作られたベタなドラマを観ながら次の展開を予想するクイズコーナー。最下位にはベタな罰ゲームが待ち構えている(インパルスの堤下敦の時は、1回目は時間の関係で、2回目は番組側から堤下へのボケとして、罰ゲームのシーンがカットされていた)。後期には番組のメインコーナーとなった。
ドラマの内容は、テーマに基づいたベタなシーンが連発するストーリーで、登場人物がベタな演技ややりとりを見せる。各ドラマのタイトルは過去のヒットドラマなどをモチーフにしたものになっている。ドラマの途中の何ヶ所かで「アンケートによるこの後のベタな展開第1位は?」というクイズが出題され、解答者がそれぞれこだわったベタな展開を予想する。深夜番組の1コーナーにもかかわらず有名俳優が出演し、作品のクオリティも高かった。出演者はドラマのベタな展開に共感したり、ツッコんだりしながらのめりこみ、恋愛ベタドラマのエンディングでは感動して泣く出演者もいた。特に『101回目のベタポーズ』では、ゲスト解答者やこれまで泣くことのなかった関根勤も感動して泣いていた。

引用 - Wikipedia


ベタドラマで笑っていたはずの同じ「パターン」で泣かされることがある。いくらシニカルな笑いにされようとも、「パターン」をすっかり見透かされてしまった語法によってしか語れなくとも、ドラマが失語症に陥ることはない。
なぜなら、ベタであっても、ベタだとわかっていても「いつのまにか」そのベタに涙することを知っているからである。

メタレベルからシニカルに眺めていたはずが、「いつのまにか」感情移入し、オブジェクトレベルで感動する。その「いつのまにか」見る人の視点を誘導するテクニックこそが重要なのであって、描かれるものがベタであるかどうかはさして重要ではない。(その視点誘導の語法こそがベタだと言われればそれまでだが……)

ジム・ジャームッシュは、映画撮影の黄金法則の中で、ジャン・リュック・ゴダールの次の言葉を引用している。

“It’s not where you take things from – it’s where you take them to.”
重要なのは君がどこから物事を持って来たかではなく、どこへ持っていくかだ






スポンサーサイト
  1. 2016/04/28(木) 17:10:56|
  2. 演出
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『エヴェレスト 神々の山嶺』(平山秀幸) | ホーム | 『レヴェナント 蘇えりし者』(アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pointbreak.blog66.fc2.com/tb.php/348-87e8864d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

著書

プロフィール

Author:中澤正行
撮影監督

主な作品
2006「天使の卵」
同年 第50回三浦賞受賞
2008「あの空をおぼえてる」

Follow Me on Pinterest

メールフォーム

お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。