撮影監督の映画批評

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『ちはやふる 上の句』(小泉徳宏)

チームプレイを描く青春部活ものというのは、おおよそ物語構造が似通っていて、それだけに採り上げられる部活動が、その映画のカラーを決める。
男子シンクロ部『ウォーターボーイズ』やボート部『がんばっていきまっしょい』、俳句部『恋は五・七・五!』やロボット部『ロボコン』など、運動系、文科系に限らずマイナーなものが好まれるのは、伊丹十三的な着眼点のユニークさ、それ自体が売りになるからだ。
しかし一方、ある意味語り尽くされた感のあるこのジャンルで、物語/語り口で差別化/勝負することを逃げているとも言えなくない。つまり消極的な選択であって、どうしてもその部活動でなければ描けないものではないケースが散見される。

マイナーであればあるほどセンスがあるかのように勘違いした作品が、手を替え品を替え量産される中、競技かるた部をとりあげた『ちはやふる』は、マイナーであるからという理由ではなく、映画的な選択であるという理由で秀逸である。つまり積極的な選択であって、競技かるた部でなければ描けないものを描いている。
もちろん人気漫画原作『ちはやふる』の競技かるた部は、映画のためになされた選択ではない。しかし、他の部活動を描いた原作ではなく、競技かるた部を描いた『ちはやふる』という原作を選択したことが、あるいはこの映画化は映画になると判断したことが、すでに映画的なのである。
では、なぜ競技かるたが映画的なのか?

シネスコのフレームいっぱいにスローモーションで捉えられるにたるアクションだからである。
以下、その考察。

乱発され、いささか食傷気味ではあっても、スローモーションが映画的な表現であることは論を俟たない。





競技かるたは「畳の上の格闘技」とも形容されるように、札を払う一瞬のアクションは、他のスポーツが見せる一瞬のアクションに比肩する。それどころか映画的には、どのスポーツよりもスローモーションに適している。

1)札を払うアクションが、水平の動きである
映画というメディアは、横長のフレームを持つ以上、垂直方向の動きより水平方向の動きに親和性が高い。だから、ありえないと言われようが『ロッキー』のパンチは大振りでなければならないのだ。

とはいえ水平のアクションを持つスポーツは他にいくらでもあるではないかと言う人がいるかもしれない。

2)アクションと顔を同時に捉えることができる
ほとんどのスポーツが、その水平のアクションを中心にフレーミングすると、アクションに合わせ引いた画になってしまう為に顔にクロースアップできないか、あるいは逆にアクションに合わせ寄った画になってしまい顔がフレーミングできない。つまりアクションの瞬間のスローモーションは、アクションか、その瞬間の顔のクロースアップかの二者択一になってしまう。
しかし競技かるたのように顔の前を水平にアクションが横切れば、アクションも、その瞬間の顔も、それぞれベストなフレーミングで同時に捉えることができる。

では、ボクシングはどうか? 顔をクロースアップで捉えつつ、パンチも水平に繰り出されるではないか。ボクシングの他にも『ピンポン』(曽利文彦)がそうだ。

もちろんボクシングは映画が飽くことなく描くスポーツのひとつである。しかし映画に愛されるスポーツ、ボクシングにもできないことが競技かるたにはできる。 

3)全身もまた同時にフレーミングできてしまう
競技かるたの畳を這うように構えるその姿勢は、まるでシネマスコープの高さに合わせるかのようである。全身がフレーミングされ、かつフレームを横切るアクション、さらに顔のクロースアップを同時にとらえられるスポーツが他にあるだろうか?
腕のスイングであろうと全身を使わなければならないのは、ボクシングも競技かるたも同じである。競技かるたであれば、全身で札を払うそのアクションを、キャメラを引くことなく、1カットにおさめることができる。

以上のようなことから逆に、机くん(森永悠希)の肩に手をかける4人の手だけを見せ、顔を見せないという演出が効いてくる。

4)かるたの飛び散る様
スローモーションはしばしば爆破や着弾の一瞬を引き延ばし、飛び散るパーティクルを見せる。『ちはやふる』では、破片の代わりにかるたが飛び散る。
その登場自体がスローモーションのように引き延ばされた千早(広瀬すず)の屋上での初登場シーンもまた、スローモーション。ここでは桜の花びらが、かるたの代わりに飛び散っている。

5)静と動のコントラスト
動の中にインサートされるスローモーション(引き延ばされた動)ではなく、静に続くスローモーション(動)。これはジョン・ウー的なメキシカン・スタンドオフに続くスローモーションに近い。
一瞬のアクションの後、白目を剥いて倒れる広瀬すずは、メキシカン・スタンドオフというより、むしろ一瞬の居合斬りの後、納刀する座頭市の勝新太郎を彷彿させる。そもそも耳へのクロースアップ、「音になる前の音」を聴きわけ一瞬で雌雄を決するあたりが座頭市である。まぁ、勝新の座頭市では居合斬りにスローモーションは使っていなかったと思うが。





文系の部活にみえて運動系、横長のフレームに過不足なくおさめられるアクションと顔、スポーツの絶え間ないアクションではなく膠着の静から一撃の動、砕け散るパーティクル、映画がスローモーションで捉えてきた多くの要素を兼ね備えたアクションが競技かるたにあったのだ。

スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2016/04/18(月) 20:58:37|
  2. 映画感想
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1
<<『レヴェナント 蘇えりし者』(アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ) | ホーム | 『ルーム ROOM』(レニー・アブラハムソン)>>

コメント

取り上げていただいて、ありがとうございます。
そしてほんとに素晴らしい。誰も書けない、思いつかない技術論と、技術論から飛躍したイメージの連想まで(勝新!)、ほんとうに興味深く読みました。
これを読んで、ぜひもう一度見ようと思っています。

わたしは、机くんの肩に置かれる手の演出を見て、「肩に手を置く」という慰めの仕草にありがちな行為が、競技かるたの導線の中で、必然的な流れに乗って行われていることにものすごく感動したのでした。(弾いた札を取って戻る歳に肩に手をおくという導線、札を取った者たちの縁起の良い手が触れられるという意味、など)

たしかにあそこは、競技かるたの持つ「全身」とは対照的に見えますが、札をとる「手」もそれだけでかるたなんですよね、対照であるが故に「効いてくる」ということなのでしょうね。
  1. 2016/04/20(水) 23:31:05 |
  2. URL |
  3. keetz #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pointbreak.blog66.fc2.com/tb.php/346-fc358817
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ちはやふる -上の句-』

■2016/シネマスコープ/111分 ■制作プロダクション:ROBOT 監督・脚本:小泉徳宏 原作:末次由紀 撮影:柳田裕男 照明:宮尾康史 美術:五辻圭 録音:小松崎永行 編集:穂垣順之助 音楽:横山克/主題歌:Perfume 出演:広瀬すず、野村周平、真剣佑    上白石萌音、矢本悠馬、森永悠希    清水尋也/松田美由紀、國村隼 【映画公式サイト→】 小学校...
  1. 2016/05/01(日) 17:03:22 |
  2. 天動説/映画批評(仮)

著書

プロフィール

Author:中澤正行
撮影監督

主な作品
2006「天使の卵」
同年 第50回三浦賞受賞
2008「あの空をおぼえてる」

Follow Me on Pinterest

メールフォーム

お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。