撮影監督の映画批評

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

無料でDCP(デジタルシネマ・パッケージ)をつくる。

今回は映画批評ではなく、DCP(デジタルシネマ・パッケージ)の作成方法を紹介。

小規模映画、ましてやインディペンデント映画になると、上映の際、DCP変換にかかる費用が捻出できず、Blu-rayでの上映という残念なことになってしまうことがあると思われる。しかし、Blu-rayですらオーサリングに某かの費用がかかるのに対し、DCPであればフリーソフトを使用し完全無料で作成することができるのだ。グレーディングからDCPまで一貫してカラーマネジメントされた工程を踏めるのであれば、それに越したことはないが、そうでないなら以下の作業で作られたDCPがクオリティにおいて劣るわけではないので、同じだろう。

DCP作成のフリーソフトで、よく知られているのはOpenDCPだと思う。OpenDCPを使った作成方法は、こちらの記事(4K漂流記〜東京藝大における事例・第4回)に詳しい。
また、そもそもDCPとは何ぞやという方は、こちらを。(DCP基礎知識 - 東北芸術工科大学

この記事では、DCP-o-maticというフリーソフトを使った作成方法を紹介したい。個人的にはOpenDCPよりも便利で簡単だと思う。

まず用意するのは動画ファイルと、音声ファイル。具体例があるとわかりよいので、最近DCP変換した作品を例にとって説明しよう。
元素材は、SONY α7Sで撮影、ATOMOS SHOGUNにて収録し、編集にてシネマスコープサイズ2.39:1(DCPのScopeサイズ2.39:1に合わせている)にクロップ、一部素材は4K収録ながら、2Kにて仕上げている。
グレーディングの後、ProRes422HQにて書き出し。これが動画ファイル。
音声ファイルは、ダビングの後、5.1ch、それぞれ1chずつわけて計6つのWAVファイル(48kHz 24bit)として受け取っている。

注意しなければならないのがフレームレートで、α7Sの場合、23.98fpsでの収録になるので、編集上で24.00fpsに変換してやるか、WAVファイルを23.98fpsで書き出してもらうかして双方のレートを揃えなければならない。DCPは24.00fpsなので、24.00fpsで撮影できるキャメラであれば、端から24.00fpsで撮影した方がいい。
今回はα7Sが24.00fps収録できないので、WAVファイルを23.98fpsで書き出してもらった。

1)まず動画ファイルをAdd file(s)...をクリックして追加すると次のような画面になる。

dcp1

デフォルトのContainerがFLAT(1.85:1) 1998×1080になっているので、FullHD 1920×1080を上下クロップした素材は上のようになる。
この作品はシネマスコープサイズ(2.39:1)なので、①DCPタブを選択し、②ContainerでScope(2048×858)を選択する。

dcp2

次にContentタブに戻って、上下の黒味をクロップする。そもそもその黒味は編集時にFullHD 1920×1080を見かけ上2.39:1=1920×804にするために上下に足したものだ。③Top crop/Bottom cropをそれぞれ138px/138pxとし、Cropped to 1920×804となるようにする。
そして④Scale to Scopeとして左右をContainerに合わせる。

dcp3

Colour conversionに関してはRec.709にしておけば問題ないだろう。

DCPタブ内のファイル名に関しての説明は割愛。
JPEG2000 bandwidthに関しては、MAX 250Mbit/sまであげることができるが、プロジェクターによっては問題が報告されているようなのでデフォルトの200Mbit/sが推奨されている。
Standardに関しては、デフォルトはSMPTEだが、古いプロジェクターだと読み込まない場合があるのでInteropにしておくといい。

次に音声ファイルを読み込み、Audioタブ内でそれぞれチャンネルを割り当てる。

dcp4

最後に、もし頭にリーダーがついている場合、DCP化に伴い、それを取り除かなければならない。Timingタブ内で、開始したい位置のタイムコードをTrim from startに入力、Setしてやればいい。

あとはJobsからMake DCPを選択すれば、できあがるのを待つだけである。

できあがったDCPが本当に再生できるのか簡易的に確認したい場合はどうすればいいか。
タダでということであれば、MacならeasyDCPplayerのトライアル版、あるいはDoremi CinePlayerの評価版で、時間制限はあるが見ることはできる。
WindowsならdcpPlayerFreeで時間制限なしで確認できる。

さて厄介なのは、DCPプレイヤーにデータをインジェストするのにHDDにコピーしなければならないのだが、DCPプレイヤーが受けつけるファイルシステムがext2、ext3とLinuxのものであることだ。Mac、Windows(NTFSならインジェストできるものもあるが......)のファイルシステムでは受け付けてくれない。
私はMacユーザーなのでVirtualBoxに、Ubuntuをインストールし、GPartedでHDDをext3にフォーマットしてDCPデータをコピーしている。これも全てタダだが、ちょいと面倒ではある。


DCP変換/オーサリングで、お困りのようでしたら相談に乗ります。左記メールフォームよりお問合せください。以上のようなことなので、どこよりも安く対応いたします











スポンサーサイト
  1. 2015/10/31(土) 21:22:23|
  2. 撮影TIPS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<エール!(エリック・ラティゴ) | ホーム | 「時を超える青春の歌 作詞家・松本隆の45年」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pointbreak.blog66.fc2.com/tb.php/336-a7b3fd85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

著書

プロフィール

Author:中澤正行
撮影監督

主な作品
2006「天使の卵」
同年 第50回三浦賞受賞
2008「あの空をおぼえてる」

Follow Me on Pinterest

メールフォーム

お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。