撮影監督の映画批評

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「いつのまにか」の描き方 映画技法の構造分析 番外編#7

イマジナリーライン越えを語るのに、小津に言及しなければ片手落ちだろう。
『秋刀魚の味』(小津安二郎)から。

sanma1.png
sanma2.png
sanma3.png

平山(笠智衆)も、河合(中村伸郎)も、下手(等方向)を向いている。
なぜこのようなことをするのだろうか?
諸説あるが、やはり厚田キャメラマンの次の発言がもっともらしい。

厚田 たとえば二人でテニスしてたとしますね。ふつうは、テニスをやってる二人を、同じ側に置いたキャメラで撮った画面を繋げる。それで、向かい合ってボールを打っているように見える。ところが、一人のラケットは向う側になって二人のラケットの大きさが違ってしまう。目線は合ってるけど、画面のバランスがこわれてしまうわけです。だから、一人を右側からとり、相手の方も向かって右側から撮ってつなげると、ラケットの大きさは変らない。だから画面のコンポジションは変らないけど、目線が合わないって感じになるんです。
 しかし、小津さんが大事にされていたのは、目線が合ってるか合わないかってことじゃなくて、それも大切ですが、それよか、コンポジションのバランスが画を繋げたときに守られてるかどうかってことなんです。たとえば、二人の人物を切り返しで撮るとします。向かいあって何か話してるとします。それをバスト・ショットで胸から上を撮ると、男優と女優では顔の大きさが違うから、一人ずつ撮って編集すると、顔の大きさのバランスが崩れちゃいます。佐分利信って人は、割合顔が大きいんですよ。だから『お茶漬けの味』で彼が木暮実千代と向かいあってるショットでは、彼の方を三フィートの距離から撮り、木暮を撮るときは、キャメラを二・五フィートに近づけます。

『小津安二郎物語』(厚田 雄春、蓮實 重彦)



小津にとってアイライン・マッチが要請する構図ー逆構図は、バランスが崩れていて受け入れがたい。
つまり、小津にとってバランスのよい繋ぎとは、アイライン・マッチした構図ー逆構図ではなく、アイライン・マッチを犠牲にした構図ー構図なのである。
さらに言うと、小津のキャメラは低い。ローポジション、ローアングルで撮られたバストアップの人物の視線は、キャメラの上を行き交う。つまり、被写体のアイレベルで撮られる通常のポジションよりも、小津のローポジション、ローアングルはアイライン・マッチの拘束を受けにくいのだ。 


構図ー構図を好むのは小津のスタイルだが、嗜好とは関係なく構図ー構図が要請されることはないのだろうか?
『花様年華』(ウォン・カーウァイ)を見てみよう。

kayoh00.png

狭い廊下でチャン(マギー・チャン)とスーエン夫人(レベッカ・パン)がすれ違い様に会話する。その構図Aのカットの次にイマジナリーラインのルールを守り逆構図に繋ぐとすると、B’の位置にキャメラは切り返さなければならない。セットであれば廊下の壁を外してB’の位置から撮れなくもないが、できたとしても美しくない。なぜなら、スーエン夫人の背景は一面の壁になってしまうからだ。
このように構図Aー逆構図B'のカットバックで背景のバランスがとれなくなってしまうのは、二人が狭い廊下をすれ違うため互い違いに位置しているからだ。逆にいうと、構図Aー構図Bのカットバックでなら、どちらの背景も廊下のパースになる。
たしかにイマジナリーラインを越えてはいるが、前回述べたように単独ではなくナメのバストショットなので観客の混乱はほぼない。むしろ構図(廊下のパース)ー構図(廊下のパース)の安定感で、構図(廊下のパース)ー逆構図(一面の壁)よりも自然である。


『秋刀魚の味』で、平山と河合は真正面で対峙しているのではない。引きの画を見ればわかるように、互い違いに座っている。前掲書で厚田キャメラマンが『父ありき』の撮影スナップで笠智衆と佐野周二が互い違いに座っているのを指摘し、小津映画では真正面に向かい合っているように見える二人が実際はずれていることが多いと証言している。
では、なぜ互い違いに座らせるのか?
そうすることで背景の壁がキャメラの光軸に対して垂直になるからである。『花様年華』では廊下のパースであった構図ー構図の背景が、小津では、パースを欠いたレイヤーあるいは平面になる。これもまた小津のスタイルである。


最後に、アイライン・マッチを優先した構図ー逆構図の『ドラゴン・タトゥーの女』(デヴィッド・フィンチャー)と、アイライン・マッチを無視した構図ー構図の『ハンナ』(ジョー・ライト)を見てみよう。

dt2.png
dt3d.png
h1.png
h2.png

どちらもシネマスコープサイズで撮影された、横になって向かい合っている二人のカットバックである。
『ドラゴン・タトゥーの女』はアイライン・マッチしているが、それゆえカットバックの度に二人の顔が逆さになる。劇場のシネマスコープの大画面では煩わしいことこの上ない。
一方『ハンナ』は構図ー構図で撮られているので向きが統一されていて見やすい。
が、しかし、これは実際にはありえない不自然極まりないカットバックである。少し考えればわかるように、ハンナ(シアーシャ・ローナン)とソフィー(ジェシカ・バーデン)がそれぞれ場所を入れ替わり撮影されているのだ。

とは言え、それに気づいた人がどれだけいたというのか。
これこそ映画の嘘である。




スポンサーサイト
  1. 2015/09/07(月) 09:32:32|
  2. 演出
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ジョン・ウィック(チャド・スタエルスキ) | ホーム | 「いつのまにか」の描き方 映画技法の構造分析 番外編#6>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pointbreak.blog66.fc2.com/tb.php/333-5031c016
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

著書

プロフィール

中澤正行

Author:中澤正行
撮影監督

主な作品
2006「天使の卵」
同年 第50回三浦賞受賞
2008「あの空をおぼえてる」

Follow Me on Pinterest

メールフォーム

お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。