撮影監督の映画批評

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「いつのまにか」の描き方 映画技法の構造分析 番外編#2

前回の内容を一言でいえば、上手から下手の動線が順路で、下手から上手の動線が逆路になると、要はそれだけである。

今回は人物配置について、『天使』(エルンスト・ルビッチ)をとり上げる。
英国外交官パーカー卿(ハーバート・マーシャル )の妻、マリア(マルレーネ・ディートリッヒ )は、夫に内緒でパリに行き、そこで出会ったアンソニー(メルヴィン・ダグラス)とディナーを共にする。必死に口説こうとするアンソニーに、決して名前を明かさないマリア、彼は彼女を「天使」と呼ぶ。
この関係では、明らかにアンソニーからマリアへのベクトルが優勢である。ルビッチは、その二人をどのように配置したか。
サロンでも、レストランでも、公園のベンチでも、常にマリアを下手、アンソニーを上手に座らせる。

angel#1


パリから戻ったマリアと、夫、パーカーを、ルビッチはどのようにフレームに収めるか。
常にというわけではないがほとんど、親密なシーンでは必ず、パーカーを下手、マリアを上手に配置する。アンソニーに惹かれながらもマリアは、夫を愛している。しかしその夫は仕事で多忙を極め、なかなか相手をしてくれない。パーカーとマリアとでは、明らかにマリアからパーカーへのベクトルが優勢である。

angel#2


そして実は友人同士であったアンソニーとパーカーが再会し、パーカーは彼の言う「天使」が自分の妻とはつゆ知らず、アンソニーを自宅に招待する。その三人が一同に会する席をどのように配置するか。
ルビッチは、下手にパーカー、中央にマリア、上手にアンソニーを置く。

angel#3


この厳格な配置がどういう効果を生むのか。

前回解説したのが動線の上下(カミシモ)なら、今回は視線の上下(カミシモ)である。
上手から下手の方向が順路で、下手から上手の方向が逆路であるなら、『天使』での視線(恋情)のベクトルは、順路で統一されている。恋するものが常に上手に位置し、下手の人物に熱い視線を投げかけるのだ。
視線のベクトルが、上手から下手の順路に重なる。

そして、このようにブロッキングすることで、アンソニーに対するときのマリアは常に顔の右側面、パーカーに対するときのマリアは常に顔の左側面を、観客に見せることになる。人間の顔は左右対称ではないので、顔から受ける印象も当然異なり、その違いがディートリッヒの演じ分けを助けている。

もちろんディートリッヒの顔は左右対称に近い。人間の顔を平均化していくと(つまりは左右対称に近づくのだが)美しくなっていくのはよく知られているとおりだ。
【画像】日本をはじめとする世界各国の平均顔

しかし完全に左右対称の顔がありえないこともまた事実である。
「右半分の顔」と「左半分の顔」は全然違う

人の顔は、平均に近づけば近づくほど美しくなるが、魅力的に感じるのは、平均から少しだけ外れた顔だと言われる。「少しだけ」というところがポイントで、要はコントラストの話。平均、左右対称の美しさを際立たせるために外れた部分が必要なのだ。
これは17~8世紀に流行した白い肌を際立たせるための付け黒子(ミルクの中のハエ)の考え方と同じであり、撮影技術で言えば、ナイター(ローキー)撮影の考え方と同じである。暗さを表現するのに、本当に暗くしてしまっては何も見えない。ゆえに見える程度には明るくしなければならない。しかし、ただうす暗いだけのナイターは、観客の眼が徐徐に慣れてきてしまうので、その暗さをさほど暗いと感じなくなる。そのためナイターにはハイライト(もちろんその面積は「少しだけ」)が必要なのだ。
白い肌を際立たせるための黒子、暗さを際立たせるためのハイライト、シンメトリーを際立たせるためのアシンメトリー。

閑話休題。
この場合、空間の癖を活かした上下(カミシモ)の配置はむしろ口実にすぎない。なぜならその上下(カミシモ)が、たとえ逆であっても、このブロッキングは同じくディートリッヒの演じ分けに寄与するだろうからだ。
つまり、元からある意味(空間の癖/傾向)はとりあえずの拠り所でしかなく、要諦は上手と下手に新たな意味を与える演出にある。
前回とりあげた『スノーピアサー』(ポン・ジュノ )では、下手を列車後方、上手を列車前方に統一することで、下手に人間性(humanity)という意味合いを付与し、その都度、前進すること(上手)との選択を主人公に課していた。
ルビッチも夫かアンソニーかの選択を”Left or Right”で語っている。

上手、下手の方向性に意識的でなければならないのは、そこに空間の癖があるからではなく、観客の方向性の記憶(時間)を無視できないからである。
前回とりあげた『いま、会いにゆきます』(土井裕泰)では、それが軽視されたために観客を混乱させた。
そのような無用の混乱を避けるためにも、そしてそれを演出に用いるためにも、上手、下手の方向性を意識したブロッキングが重要になるのである。


スポンサーサイト
  1. 2015/08/29(土) 13:24:28|
  2. 演出
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「いつのまにか」の描き方 映画技法の構造分析 番外編#3 | ホーム | 「いつのまにか」の描き方 映画技法の構造分析 番外編#1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pointbreak.blog66.fc2.com/tb.php/328-7d639981
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

著書

プロフィール

中澤正行

Author:中澤正行
撮影監督

主な作品
2006「天使の卵」
同年 第50回三浦賞受賞
2008「あの空をおぼえてる」

Follow Me on Pinterest

メールフォーム

お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。