撮影監督の映画批評

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「ザ・ファイター」(デヴィッド・O・ラッセル)

 冒頭、ミッキー(マーク・ウォールバーグ)のPOVであるキャメラが、道路をならすトンボの動きをとらえる。振り上げられたキャメラに、ミッキー(最初の視点主)の背中がフレームインする。すると次にディッキー(クリスチャン・ベール)のくり出すパンチが、ディッキー視点でとらえられる。ほどなくディッキー(次の視点主)もまたフレームインして、ミッキーからディッキーへと視点をリレーしてきた(非人称の)キャメラのフレームに2人がおさまる。
 この1カットでディッキーがミッキーの視点をなぞるように、ディッキーは映画の中で真似る人として描かれる。トレーナーをつとめる警官の真似をしてふざけるのだし、美人局に警察の真似をしつかまるのだし、過去の試合での自分すら真似る。これらは、ディッキーの真似をして、育ってきたミッキーと呼応している。そして映画は、それぞれが真似をやめたときにクライマックスをむかえる。
 試合の描き方も巧い。最初のビッグマッチは、とにかく打たれまくる。その劣勢を大逆転勝利するのだが、それを知っているのは刑務所の中のディッキーと我々観客だけである(ディッキー視点)。わかっていても、というのは、ディッキーも観客も同じで、実際そうなるまでは固唾をのむのだ。で、ラストのタイトル戦をどう描くかなのだが、ディッキーとミッキーの2人のやり取りを見せず、2人から距離を置く。当然観客は、ミッキーの劣勢にディッキーの加勢を期待するのだが、いっさいそれを見せない。観客が見たいのはディッキーがどうするのかなのだ。そして満を持してキャメラがとらえる2ショット。このときまでには、2人を1つのフレームにおさめさえしてくれれば、もうそれだけでいいくらいになってしまっている。だからそののちの逆転劇はおまけのようなものなのだ。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/04/13(水) 14:41:59|
  2. 映画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「ロスト・アイズ」(ギリェム・モラレス) | ホーム | 「お家をさがそう」(サム・メンデス)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pointbreak.blog66.fc2.com/tb.php/311-c75094ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

著書

プロフィール

Author:中澤正行
撮影監督

主な作品
2006「天使の卵」
同年 第50回三浦賞受賞
2008「あの空をおぼえてる」

Follow Me on Pinterest

メールフォーム

お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。