撮影監督の映画批評

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「愛する人」(ロドリゴ・ガルシア)

 カレン(アネット・ベニング)とエリザベス(ナオミ・ワッツ)の母娘は、お互いがどこにいて何をしているか、そして顔すらも知らない。映画はそんな2人のお互いを欠いた生活を平行して描く。この手の設定はそれだけで、いかにして2人を会わせるかという期待を観客に抱かせる。その点「愛する人」には工夫があった。(ちなみに、いかにして会わせるかではなく、いかにして会わせないかの映画である「ターンレフトターンライト」は、ジョニー・トーの傑作)
 とても些細な指摘を、さも大げさに一点だけ。
 エリザベスが、ポール(サミュエル・L・ジャクソン)に別れを告げ、彼の家を立ち去るシーン。キャメラは2人をとらえている。エリザベスがポールから離れて玄関へと向かうのにキャメラはワンテンポ遅れてパンする。ゆっくりとしたパンニングは、エリザベスをフォローすることができず、無人のフレームがつづく。玄関までパンニングしたフレームはようやくエリザベスをとらえ、そこに遅れてフレームインするポールとの2ショットになる。このキャメラオペレートがさりげなくすばらしい。
 通常このようなケースでキャメラは、
1)立ち去るエリザベスにつけて彼女をフォローパン。そこにポールがフレームイン。(エリザベスに寄り添うキャメラ)
2)エリザベスをフレームアウトさせ、残されたポールが、彼女を追うのにつけてフォローパン。(ポールに寄り添うキャメラ)
のいずれかを選択するだろう。
 ではなぜ1)でも2)でもなく、如上のようなオペレートがなされたのか?
 エリザベスをフォローできずに、そのあとを追うパンは、彼女のわずかながらも、あとに心が残るニュアンスの見事な表現であり、なおかつ玄関でキャメラのパンが再び彼女に追いつくのは、そこにフレームインするポールの追いつきと見事にシンクロしている。つまり1)や2)のようにキャメラがどちらかの視点をクリアカットに選択するのではなく、むしろ2人の関係こそ、キャメラがとらえている。無人のフレームのパンは、最初エリザベスのものであり、再び2ショットになって、遡行してポールのものである。つまり2人のパンである。
 素直になれない大人の映画はキャメラに代弁させる。しかしその手柄は、俳優に。見習いたいものだ。
 
スポンサーサイト
  1. 2011/01/31(月) 20:46:45|
  2. 映画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「トスカーナの贋作」(アッバス・キアロスタミ) | ホーム | 「人生万歳!」(ウディ・アレン)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pointbreak.blog66.fc2.com/tb.php/305-f7614c37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

著書

プロフィール

Author:中澤正行
撮影監督

主な作品
2006「天使の卵」
同年 第50回三浦賞受賞
2008「あの空をおぼえてる」

Follow Me on Pinterest

メールフォーム

お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。