撮影監督の映画批評

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「その場所に女ありて」(鈴木英夫)

 鈴木英夫の代表作とされるだけあって、面白いし、傑作。(しかし同時上映だった「社員無頼 反撃篇」は、その前編を観ずの鑑賞だからなのか、全くうけつけなかった)

 矢田律子(司葉子)は、姉(森光子)からちょっと出てきてほしいと電話を受ける。カットがかわると街角でタバコを吸う男(児玉清)に。つづけて律子のクロースアップにカットされ、そこはすでに姉と対面する喫茶店の中だとわかる。そしてその会話から先ほどの男が姉の亭主であり、金の無心を外で待っていたのだということが事後的にわかる。見事な場面転換。
 応接室で泣き崩れるミツ子(水野久美)、慰める祐子(大塚直子)、それを応接室のドアを背に距離をもって見つめる久江(原知佐子)、キャメラは応接室の外にでてドアの側で聞いていた律子へとリレーされる。この4人の女性のポジションだけで、それぞれの性格が一気にわかってしまう。これぞ演出というもの。
 酔って介抱された律子が坂田(宝田明)に痛烈な一言を浴びせられるとカットがかわり、よろめきながら夜の歩道を歩く律子の後ろ姿をキャメラはトラックアップしながらフォローする。このカットは以前に見たことがある。「乱れ雲」(成瀬巳喜男)で、女将の宴会で酔った由美子(司葉子)が廊下をよろめきながら歩くのを背後からキャメラはトラックアップしてとらえていた。同じ司葉子であり、同じキャメラマン(逢沢譲)。しかし「乱れ雲」の方が後に撮られている。どのような影響関係があるのかわからないが、いずれにしても後に「乱れ雲」で繰り返されることになるこのカットは、繰り返されるにたるカットだといえる。
 ラスト、坂田からの電話を受け、その誘いを断る律子へのポンヨリは最高だ。「えっ?」と訊きかえす言葉はただキャメラがよるきっかけにすぎないかのごとく間髪を容れずセリフが接がれる。この決然たるクロースアップと、つづく受話器を置く手のクロースアップから窓辺へと後ろ姿をパンアップするカットとのコントラストが秀逸。
 
 <追記>
 映画ではないのだけれど、桐野夏生の「天使に見捨てられた夜」の主人公の造形って「その場所に女ありて」の司葉子と同じだなぁと。たまたま最近読んだもので。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/04/25(日) 19:51:30|
  2. 映画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「ロボコップ」(ポール・バーホーベン) | ホーム | 「目白三平物語 うちの女房」(鈴木英夫)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pointbreak.blog66.fc2.com/tb.php/279-ab744c7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

著書

プロフィール

中澤正行

Author:中澤正行
撮影監督

主な作品
2006「天使の卵」
同年 第50回三浦賞受賞
2008「あの空をおぼえてる」

Follow Me on Pinterest

メールフォーム

お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。