撮影監督の映画批評

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「しあわせの隠れ場所」(ジョン・リー・ハンコック)

 佳作である。しかしこれほど新鮮味のないストーリーも珍しい。にもかかわらずである。なにが佳作たらしめているのか。
 映画の前半で顕著なのだが、登場人物は相手が与り知らないところで表情を変える。それが全て微笑みなのだ。その微笑みは登場人物のあいだでは共有されない。微笑みあうわけではなく、人知れず微笑む。つまり観客とだけ共有する微笑みである。しかしほとんど全ての登場人物が人知れず微笑むのだ。
 例えば、リー・アン・テューイ(サンドラ・ブロック)が寝室で、マイケル・オアー(クィントン・アーロン)とS・J(ジェイ・ヘッド)に絵本を読んであげていると、キャメラは移動し隣の部屋でそれを聞いているコリンズ(リリー・コリンズ)が壁に背もたれて微笑んでいる姿をとらえる。
 スー夫人(キャシー・ベイツ)がマイケルへのアドバイスをショーン(ティム・マッグロウ)に任せてしまうところもそうだ。テレビに対面するソファに座り、マイケルとショーンの会話を背中で聞きながら微笑む。
 もちろんリー・アンは枚挙にいとまがない。ふと顔の向きを変えてから表情を変える。悪し様に言えば、それしかやっていない。が、それさえすればいいのだ。
 それら登場人物のあいだで共有されていない各々の微笑みを繋ぎ共有させるのは観客である。微笑ましい関係は観客が結ぶ。観客が微笑ましいものをたちあげる。だから佳作なのだ。
 もしそれらの微笑みがその都度相手に投げかけられるのだとしたら、どうだろうか。観客はその都度微笑ましい関係(すでに閉じてしまっている)を見せられるにすぎない。それだけで本作は十分凡作に堕するだろう。

スポンサーサイト

テーマ:しあわせの隠れ場所 - ジャンル:映画

  1. 2010/03/19(金) 05:42:37|
  2. 映画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「抱擁のかけら」(ペドロ・アルモドバル) | ホーム | 「パリ・オペラ座のすべて」(フレデリック・ワイズマン)、「脳内ニューヨーク」(チャーリー・カウフマン)、「This Is It」(ケニー・オルテガ)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pointbreak.blog66.fc2.com/tb.php/272-39b411e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

著書

プロフィール

Author:中澤正行
撮影監督

主な作品
2006「天使の卵」
同年 第50回三浦賞受賞
2008「あの空をおぼえてる」

Follow Me on Pinterest

メールフォーム

お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。