撮影監督の映画批評

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「甘いウソ」(チョン・ジョンファ)

 「記憶喪失のふりをする」しかも、女1男2のラブトライアングル、という、ただもう、それだけで映画的な題材の映画を観に行かないわけにはいかないだろうと・・・。しかし、ただもう、それだけで映画的な題材を扱っても、それだけで映画的な映画にはならない。なぜ、そうなってしまったか。

1)「記憶喪失のふりをする」
 例えば、これで思い浮かぶのは「花とアリス」(岩井俊二)で、ハナ(鈴木杏)はあこがれの先輩を記憶喪失だと思い込ませ、自分を彼女に仕立て上げるというものだった。「花とアリス」が巧いのは、それに協力して元カノのフリをするアリス(蒼井優)と先輩との恋愛を主軸にしているところだ。つまりそのつもりのないアリスがフリをすることで、それが本当になっていく面白さである。
 「甘いウソ」は、ミヌ(イ・ギウ)に近づきたいジホ(パク・チニ)が、記憶喪失のフリをするのをひたすら描くので、ただそれがどうなるかという興味である。ミヌが嘘をつく女性は嫌いだと言うので、事実を言えなくなってしまうというのは巧いと思うが、決定的な欠陥がそれすらどうでもよくしている。つまり観客は途中で、この記憶喪失のフリの結末に興味を失うのだ。なぜならジホとドンシク(チョ・ハンソン)との恋愛が主軸なのだから。
 
2)女1男2のラブトライアングル
 例えば、「恋しくて」(ハワード・ドイッチ)である。身近すぎて気づかないというパターンは全く同じ(こちらは男1女2ではあるが)。「恋しくて」では、幼なじみであるワッツ(メアリー・スチュアート・マスターソン)が、最後まで自分の気持ちをひた隠す切なさが描かれた。
 しかし「甘いウソ」で、幼なじみのドンシク(チョ・ハンソン)は、自分の気持ちを隠そうとはしない。


 1)「花とアリス」でアリスは、好きではないというフリをする。
   「甘いウソ」でジホは、好きだと言う(ためにフリをする)。
 2)「恋しくて」でワッツは、好きではないというフリをする。
   「甘いウソ」でドンシクは、好きだと言う。

 つまり、好きだというのを描くのに、好きだと言わせては駄目なのだ。好きなのに/好きだから、好きではないフリをさせなくてはいけない。
 
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/10/16(金) 01:39:07|
  2. 映画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「母なる証明」(ポン・ジュノ) | ホーム | 「エスター」(ジャウム・コレット=セラ)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pointbreak.blog66.fc2.com/tb.php/261-54ad6ce3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

著書

プロフィール

中澤正行

Author:中澤正行
撮影監督

主な作品
2006「天使の卵」
同年 第50回三浦賞受賞
2008「あの空をおぼえてる」

Follow Me on Pinterest

メールフォーム

お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。