撮影監督の映画批評

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「96時間」(ピエール・モレル)

 ブライアン(リーアム・ニーソン)の抑制された物腰が、最高にカッコいい。元秘密工作員だからなのだろうか、ピンチにも動じない。躊躇もない。
 なぜ我々観客は我々とは程遠いブライアンに共感するのか。
 娘キム(マギー・グレイス)への父性愛に?そうかもしれないし、それは正しい。しかしそれは疑似餌ではないだろうか?

 ブライアンは、娘の友人とのパリ旅行の許可を危険だからと与えなかった。娘には泣いて立ち去られ、離婚した妻レノーア(ファムケ・ヤンセン)からは詰られ、仕方なく条件つきで許可する。しかし、その条件である到着時の連絡すらなされない。電話しても通じず、心配でレノーアに電話しても取り合ってもらえない。自宅のソファに体を沈めるブライアンの脳裏に何が横切るだろうか?
 
 この後起ること全て、一言で言うことが出来る。「ほら、みたことか」
 そう認めたくはないが、我々はこれに共感するのではないだろうか。
 だからこそ、ブライアンは表情一つ変えずにその処理をこなしていく。なぜなら「ほら、みたことか」と言わずに、そうわからせることほど小気味良いことはないからである。
 ブライアンの仲間が解析した誘拐犯の恐ろしさを、わざわざスピーカーフォンでレノーアに聞かせる理由はここにある。
 ブライアンを蔑ろにしたことで、支払わなければならないツケがどれだけ甚大であることか、しかもそのツケを何も言わずブライアンが返していく。

 「あらかじめ言ったことだ」ではなく、「言わんこっちゃない(言わないことではない)」とわざわざ緩叙法(二重否定)で言う気分は、ブライアンが返していくツケの甚大さ加減と呼応している。
 

 
<蛇足>
「飾窓の女」(フリッツ・ラング)で主人公はクラブのソファで、うとうととしてしまい・・・。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/09/20(日) 22:01:00|
  2. 映画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「あの日、欲望の大地で」(ギジェルモ・アリアガ) | ホーム | 「クリーン」(オリヴィエ・アサイヤス)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pointbreak.blog66.fc2.com/tb.php/257-8764b7a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

著書

プロフィール

中澤正行

Author:中澤正行
撮影監督

主な作品
2006「天使の卵」
同年 第50回三浦賞受賞
2008「あの空をおぼえてる」

Follow Me on Pinterest

メールフォーム

お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。