撮影監督の映画批評

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「愛のむきだし」(園子温)

 DVDはすでに出たようなのだが、アンコール上映ということで通常料金で観れることもあり、長尺でもあるので劇場にて。

 (ネタバレあり)
 神父の父(渡部篤郎)に懺悔を強要されるユウ(西島隆弘)は、懺悔をする為に罪をつくる。懺悔すべき人のフリをする為に、盗撮魔になってしまう。

 女装したユウはヨーコ(満島ひかり)と出会うのだが、そこでサソリと名乗ってしまう。
 サソリのフリをして、ユウではなくサソリとしてヨーコに好かれてしまう。

 次にコイケ(安藤サクラ)がサソリのフリをする。信じてしまうヨーコ。

 コイケが、フリであるはずのユウの盗撮をばらすと、ユウはコイケがサソリのフリをしていることを暴き、さらに自身もサソリのフリをしていたことを白状する。フリにしかすぎないのであって、本当は違うのだと。それがヨーコに理解されることはない。
 
 ユウは新興宗教に帰依するフリをして、ヨーコ救出を企むが、それは容易くコイケに指摘されてしまう。
 そしてあたかも「ショック集団」(サミュエル・フラー)で精神病院に患者のフリをして記事をモノにしようとした主人公が精神病者になってしまうかのように、ユウもまた精神病者になってしまう。
 つまり、ヨーコを救う為こっちの世界に戻すべき人=信者のフリをしたユウが、本当に戻すべき人=患者になってしまうのである。しかし今度は、本当は違うのだと主張しない。ゆえにヨーコに理解される。

 フリだと信じているものが、すでにむきだされたものなのだ。
 
 
 
追記 

4時間近い長尺の映画のラスト近くで観るフラッシュバックは、実に感動的。
素敵な映画でした。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/08/22(土) 18:19:24|
  2. 映画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<「クリーン」(オリヴィエ・アサイヤス) | ホーム | 「トカレフ」(阪本順治)>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/09/13(日) 18:11:04 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pointbreak.blog66.fc2.com/tb.php/254-176a4b49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

著書

プロフィール

中澤正行

Author:中澤正行
撮影監督

主な作品
2006「天使の卵」
同年 第50回三浦賞受賞
2008「あの空をおぼえてる」

Follow Me on Pinterest

メールフォーム

お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。