撮影監督の映画批評

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「恐怖のメロディ」(クリント・イーストウッド)

 フィルムで観ることの出来る幸せ。空撮で捉えられたファーストカットは、バルコニーに佇むデイブ(クリント・イーストウッド)にキャメラが近づいていくのだが、木々の質感が迫ってくるようで圧倒的である。(オプチカルのカットですらこうであるのだから)テレシネされた、つまりDVDの描写がいかに薄っぺらいかを再認。
 DVDで観たときには、やや退屈に感じたモントレー・ジャズ・フェスティバルのシーンが、スクリーンで観ると断然良かったり、印象が全く違う。

 デイブとバーテン(ドン・シーゲル)は、コルク栓を使って「Cry bastion」というゲームを始める。それをみていたイブリン(ジェシカ・ウォルター)は好奇心をそそられ、徐々に二人に近づいていき、デイブの誘いにOKを出す。ここでゲームオーバー、このゲームに内容はなく、口説きの口実にすぎないことがわかる。
 ヒッチコックならマクガフィンと呼ぶであろう「Cry bastion」という実体のないゲームは、コルク栓の布置を変えることではなく、そのゲームを見ている人、イブリンの布置を変えることにこそ、その要諦がある。現にここでのデイブはグリーン、イブリンはイエロー、バーテンはレッドと、それぞれが駒であるかのように色分けされている。
 つまりゲームを見ている人が、すでにそのゲームにとりこまれているゲーム。

 ゲームのフリをして、人待ちのイブリンを口説いたはずであったが、実は人待ちのフリをして、デイブに口説かせたのだということがわかる。そこで囁かれる「Play Misty for me」
 デイブの仕掛ける「Cry bastion」、すでにとりこまれているイブリン。
 イブリンの仕掛ける「Play Misty for me」、すでにとりこまれているデイブ。
 もちろん映画「Play Misty for me」は、監督イーストウッドによって仕掛けられている。そう、そこですでにとりこまれているそれを観る人とは、紛れもなく我々観客なのである。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/07/30(木) 00:56:04|
  2. 映画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「セントアンナの奇跡」(スパイク・リー) | ホーム | 「マンハッタン無宿」(ドン・シーゲル)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pointbreak.blog66.fc2.com/tb.php/247-f862d01e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

著書

プロフィール

Author:中澤正行
撮影監督

主な作品
2006「天使の卵」
同年 第50回三浦賞受賞
2008「あの空をおぼえてる」

Follow Me on Pinterest

メールフォーム

お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。