撮影監督の映画批評

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「ベッドとソファ」(アブラム・ローム)

 眠っている街という字幕に続けて、眠っている街のカットがモンタージュされ、目覚めた街という字幕に続けて、目覚めた街のカットがモンタージュされる。それぞれの的確なカットの積み上げに感心するのだが、なかでも目覚めた街として、水面に映る建物/街をいくつか重ねているのには、なるほど水面への反映が光の存在を喚起させるのだと膝を打つ。
 モスクワにやってきた男(ウラジーミル・フォーゲリ)が、行く当てもなくベンチに座り込み微睡むのだが、そこに尖塔の先に太陽を隠すカットがインサートされる。そのカットで隠しきれない太陽のフレアがゆっくりと動いているのがわかる。午睡へと誘惑する秀逸なカット。
 ウラジミールが身を寄せるのが、ニコライ・バターロフとリュドミーラ・セミョーノワの夫婦宅。その部屋は半地下になっていて、外の往来が窓から差し込む光線を動かす。
 夫のニコライが、ウラジミールに自分は出張するが遠慮はいらないと告げるのを、衝立越しに聞き耳をたてる妻リュドミーラ。そのプロフィールに落ちる往来の影の動きが、全てを語っている。
 ニコライの雨の日の訪問は、風を孕むカーテンで見えないドアの開閉を示し、テーブルの上の新聞が風でそり上がる。リュドミーラはやり過ごそうとするが、ニコライを追いかけ呼び戻す。その時開けられたドアからの風で、その前のカットではそり上がるだけで耐えていた新聞がテーブルから落ちてしまう。巧い。
 とにかく(原題は違うらしいが)「ベッドとソファ」というタイトルがいい。このタイトルに惹かれて観に行ったようなもの。
 
 そういえばロメールの「モード家の一夜」もベッドとソファの話だったと思い出した。
スポンサーサイト

テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

  1. 2009/06/26(金) 23:03:19|
  2. 映画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「ディア・ドクター」(西川美和) | ホーム | 「世界」(ジャ・ジャンクー)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pointbreak.blog66.fc2.com/tb.php/240-e5c6a265
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

著書

プロフィール

Author:中澤正行
撮影監督

主な作品
2006「天使の卵」
同年 第50回三浦賞受賞
2008「あの空をおぼえてる」

Follow Me on Pinterest

メールフォーム

お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。