撮影監督の映画批評

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「三人の女」(ロバート・アルトマン)

 健忘症ゆえいつ録画したのか全く身に覚えがないが、観ていないことは確かだと、しかしそれすらも覚束無く思え、とはいえまぁ面白そうなのでとにかく観る。鏡像好きキャメラマンを公言してはばからないにもかかわらず、この傑作を観ていなかったとは不覚。

 ミリー(シェリー・デュヴァル )を見つめるピンキー(シシー・スペイセク)、やがてピンキーはミリーと入れ替わろうとする。
 決して感情移入させることはないが、映画はピンキーの視点にたって展開する。「恐怖のメロディ」を髣髴させるイエローと鏡像にあふれるのミリーの部屋。圧巻は次の1カットである。
 ミリーからもらったイエローのバスローブを仕立て直すピンキーの水槽越し手元から、それを鏡の前であてがうピンキーにフォローすると、その抜けに話しかけるミリーをとらえる。よく似合うと言われたピンキーが着替えるために部屋の奥に引っ込むのをキャメラはフォローせず、かわりにその姿を鏡のなかでとらえる。ゆっくりズームアップされる鏡の中のピンキーは、やがて抜けのミリーと同じサイズになり、ミリーからもらったイエローのバスローブを身にまとうのだ。(この1カットを観るためだけでも、この映画を観る価値はある)
 
 ミリーになろうとしたピンキーがそれを拒否されプールへと飛び込む。このプールは、「詩人の血」(ジャン・コクトー)で詩人が中に入る鏡がプールだったのとは逆に、ピンキーにとって鏡であり、プールへ飛び込むことは即ち、鏡の中、黄泉の国へと旅立つことに他ならない。
 それに跳ね返されたピンキーは、一命をとりとめ、しかしピンキーではなく、ミリーとして甦る。ピンキー視点で語られてきた映画は、ここから先ミリー=シェリー・デュヴァル 視点で語られるようになる。人格が入れ替わるだけでなく、それを語る視点も入れ替わるのだ。
 
 最後にウィリー(ジャニス・ルール)であるが、ミリーがとりあげた子供は冷たかった。
 先にピンキーを救ったのは、ウィリーであったが、プールは鏡でもあり、羊水でもあってウィリーによってとりあげられたピンキーは、そのときウィリーの子供と入れ替わっていたのだ。産まれたばかりの子を見つめるかのごとく病室のピンキーをガラス越しに見つめ、その鏡像が二重化するウィリーとミリー。

 であるから、ピンキー=シシー・スペイセクはミリーになり、そのミリー=シシー・スペイセクは、ウィリーの子供になる。
 ウィリーの子供をとりあげたミリー=シェリー・デュヴァル は、ピンキーを救ったウィリーになる。
 さて、ウィリー=ジャニス・ルールは・・・。
 
スポンサーサイト
  1. 2009/05/31(日) 16:36:41|
  2. 映画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「世界」(ジャ・ジャンクー) | ホーム | 「一瞬の夢」(ジャ・ジャンクー)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pointbreak.blog66.fc2.com/tb.php/238-4180a161
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

著書

プロフィール

中澤正行

Author:中澤正行
撮影監督

主な作品
2006「天使の卵」
同年 第50回三浦賞受賞
2008「あの空をおぼえてる」

Follow Me on Pinterest

メールフォーム

お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。