撮影監督の映画批評

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「一瞬の夢」(ジャ・ジャンクー)

 スリの小武(ワン・ホンウェイ)は、カラオケバーのホステス、メイメイにマイクを向けられても決して歌わない。
 スリ仲間が、テレビの街頭インタビューでマイクを向けられ押し黙ってしまうのを助けるのも、小武である。
 しかし昔のスリ仲間であるヨンは、自身の結婚をつたえるニュースでマイクを向けられ、喜々としてそれに答える。それをつたえるテレビは続けて、「心雨」というデュエット曲を歌い、それを映画は、そのテレビを自宅で見るヨンと、飲食店で見る小武で、カットバック=デュエットする。マイクで歌う/答えるヨンと、そのヨンから掠めたライターで「エリーゼのために」を密かに奏でる小武のデュエット/カットバック。

 小武は、街頭カラオケでデュエットするカップルを人ごみに紛れて見つめる。

 店を休んだメイメイを見舞う小武。メイメイが歌い、メイメイは小武も何か歌ってくれと頼む。メイメイの目を瞑らせ「エリーゼのために」を奏でる小武。
 誰もいない銭湯で「心雨」を一人で歌う小武。
 見られてはいけない。
 しかし続くカラオケバーのシーンで、小武は「心雨」をメイメイとデュエットしてしまう。

 メイメイは姿を消し、小武は捕まってしまう。
 オートバイに手錠で繋がれた小武と、「エリーゼのために」を奏でるテレビ。
 小武の手にあったはずの曲が、密かにヨンから盗み取ったはずの曲が、テレビで流れている。
 さらにテレビは小武の逮捕をつたえ、しかもそのインタビューに冒頭で押し黙っていたのと同じスリ仲間が、まるでヨンのように喜々として答えている。
 メイメイからのポケベルが、すべて見られていることを告げる。

 ラストシーン、電柱につなげられた小武は、オートバイにつなげられたのと同じ姿勢で待つ。見られる小武。
 
 
 
スポンサーサイト
  1. 2009/05/30(土) 23:29:01|
  2. 映画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「三人の女」(ロバート・アルトマン) | ホーム | 「恋しくて」(ハワード・ドイッチ)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pointbreak.blog66.fc2.com/tb.php/237-796d8947
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

著書

プロフィール

中澤正行

Author:中澤正行
撮影監督

主な作品
2006「天使の卵」
同年 第50回三浦賞受賞
2008「あの空をおぼえてる」

Follow Me on Pinterest

メールフォーム

お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。