撮影監督の映画批評

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「青の稲妻」(ジャ・ジャンクー)

 「四川のうた」公開記念ということで、ジャ・ジャンクーの旧作5作品が上映されている。「長江哀歌」と「四川のうた」しか観ていなかったので、これを好機と全てスクリーンで観ることにする。
 
 「四川のうた」のなかで語られるエピソードに、自分は別れたくないのに、別れたがっている彼女を察し別れようかと切り出せば、あなたが言い出したことだからと念押しされるも抗弁しない男の回想があった。
 「プラットホーム」でも、ミンリャン(ワン・ホンウェイ)はルイジュエン(チャオ・タオ)から一方的につきあえない理由を聞かされ、言うのが遅いこと以外は全て言う通りだと去って行く。
 「青の稲妻」でも、ユェンユェンがまだ若いから勝手なことできないと言えば、ビンビンは肩にまわしていた手を下ろし、肝炎だとわかると借金して携帯をプレゼントし、これからはいつでも連絡できると喜ぶ彼女に、これからはないと言う。
 
 「青の稲妻」の原題である「任逍遥」という歌を劇中ビンビンは2度歌う。
 1度目は、ユェンユェンと二人で手をつなぎながら。
 2度目は、ラスト警察で一人、手錠で自身の両手をつなぎながら。
 
 
スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

  1. 2009/05/28(木) 00:56:57|
  2. 映画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「恋しくて」(ハワード・ドイッチ) | ホーム | 「彼岸花」(小津安二郎)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pointbreak.blog66.fc2.com/tb.php/235-65380ab5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

著書

プロフィール

中澤正行

Author:中澤正行
撮影監督

主な作品
2006「天使の卵」
同年 第50回三浦賞受賞
2008「あの空をおぼえてる」

Follow Me on Pinterest

メールフォーム

お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。