撮影監督の映画批評

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「グラン・トリノ」(クリント・イーストウッド)

 (ネタバレ注意)

 ウォルト・コワルスキー(クリント・イーストウッド)が唸る。
 「丹下左膳餘話 百萬両の壺」(山中貞雄)の丹下左膳(大河内傳次郎)も、ばくちに負けると唸る。
 それを見ていたちょび安「おじさん、ばくちに負けると唸るんだね」
 その後、左膳に斬られた男が唸っているのを「なぜあのおじさんは唸ってるの?」とちょび安。
 左膳は「ばくちに負けたんだろ」

 イーストウッドも、このくりかえしのギャグを好む。
 「ルーキー」では冒頭、上司にチャーリー・シーン=ルーキーを押し付けられるイーストウッドが、ラストにはチャーリー・シーンにルーキーを押し付ける上司になるギャグがある。
 「アウトロー」では、音もなくチーフ・ダン・ジョージの背後から銃を突きつけるイーストウッドが、逆にチーフ・ダン・ジョージに背後をとられる。しかしそのチーフ・ダン・ジョージは更にその背後を女インディアンにとられていたというギャグ。
 「許されざる者」では、writerだと答える伝記作家にジーン・ハックマンは手紙の?と問い返す。イーストウッドが凄いのは、ラストのシリアスであるはずの殺戮シーンでこのセリフを自身でくりかえすところ。
 
 同じセリフやあるいはシチュエーションをくりかえし、そこにうまれるズレが笑いになる。
 がその点、如上のイーストウッド作品には越えられない壁があった。
 「ダーティーハリー」である。
 冒頭、黒人の銀行強盗に44マグナムを向け、弾が残っているかわからないがどうすると聞く。迷った犯人は抵抗をやめる。立ち去ろうとするハリーに、実際は残っていたのかどうかを尋ねる。男を狙い引き金をひくハリー、弾は残っていなかった。
 ラスト、追いつめられたスコーピオに同じことを聞くハリー、残っていないと判断したスコーピオは反撃しようとするが、撃ち殺される。弾は残っていた。

 そして「グラン・トリノ」
 3人組の黒人にからまれるスー、それを助けるウォルトは(「ミスティックリバー」のラスト、ケビン・ベーコンがショーン・ペンに向けてするがごとく)手で模した銃で3人を撃つ。その後、懐からにわかに本物の銃を出す。態度を変える黒人3人組。
 ラスト、モン族のギャングらと対峙するウォルトは、同じように手で模した銃でギャングらを撃つ。その後、懐からにわかに取り出したのは・・・。

 「ダーティーハリー」と「グラン・トリノ」のくりかえしの構造は似ている。
 イーストウッドは、キャリアの初期である「ダーティーハリー」のくりかえしの構造を、俳優としては最後と言われている「グラン・トリノ」でくりかえし、かつそのラストを「ダーティーハリー」のそれとズラしている。かたや44マグナムは火をふき、かたや・・・。
 「ダーティーハリー」で投げ捨てられた星形のバッジは、「グラン・トリノ」ではタオに託される。
 タオがウォルトに聞く、戦争で何人殺したのか?
 それは、イーストウッドに、映画で何人殺したのか?と問うことともとれ・・・。



 走る姿を奪われたグラントリノは、どこかでその姿を見せるのだし、toadと呼ばれるタオは、どこかでタオと呼ばれるのだし、コワルスキーとしか呼ぶことが許されない神父は、いずれウォルトと呼ぶことを許される。それらのどこかがそれぞれ的確であるし、そもそもそれらを用意する設定自体が優れている。

 ウォルトに命じられタオは傷んだ隣家を修復する。それを見守るウォルト。
 雨のなかタオは、古株を除去しようと格闘する。それとポーチで見守るウォルトがディゾルブでサイズを変えカットバックされるのだが、それぞれフレーミングされた古株とウォルトの位置が正確に重なる。しかも古株は取り除くことができず、お手上げのタオは古株にもたれかかる。
 そのタオの姿は、フリーザーを一人では地下室から上げることが出来ないウォルトと重なる。タオの力をかりるウォルト。二人で持ち上げる。間違っていなければ、この先ウォルトがタオをtoadとは呼んでないはずだ。
 
 
<追記>
無粋とは「グラン・トリノ」のようなただもう唸るしかない素晴らしい映画について、こういう文章を書いてしまうことをいうのだろうなと、書き上げて思う。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/04/28(火) 05:15:41|
  2. 映画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「秋刀魚の味」(小津安二郎) | ホーム | 「四川のうた」(ジャ・ジャンクー)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pointbreak.blog66.fc2.com/tb.php/232-445dc352
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

著書

プロフィール

Author:中澤正行
撮影監督

主な作品
2006「天使の卵」
同年 第50回三浦賞受賞
2008「あの空をおぼえてる」

Follow Me on Pinterest

メールフォーム

お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。