撮影監督の映画批評

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「映画は映画だ」(チャン・フン)

 ジョン・バダムの超名作「ハード・ウェイ」のキム・ギドク版。
 「ハード・ウェイ」では、ハリウッドスターが役づくりのリアルを求めて本物の刑事と捜査をともにする。
 「映画は映画だ」では、映画俳優のスタ(カン・ジファン)がリアルを求めて本当に殴り合えるヤクザのガンペ(ソ・ジソプ)と共演する。
 かたや俳優が本物の方へ、かたや本物が映画の方へと、ベクトルの違いはあれど、どちらも目指しているものは、映画のリアル。

 しかしスタとガンペが本当に殴り合って撮影されるアクションシーンもまた、チャン・フンによって撮影されているものであるからカン・ジファンとソ・ジソプが実際に殴り合っているわけではない。
 殴り合っている演技と、実際の殴り合いを映画で撮影する以上それらはそれぞれ、殴り合っている演技をしている演技と、殴り合っている演技にバックシフトされる。

 さて、殴り合っている演技をしている演技と、殴り合っている演技を隔てるものはなにか?
 殴り合いの演技をしている演技などない。どちらもただの殴り合いの演技である。
 それをかたやリアリティに欠け、かたやリアルだとするのはそこに、劇中の監督をはじめスタッフの顔があるからだ。クレショフ効果。映画は映画だ。

 殴り合いの演技をしているのも、実際の殴り合いも、どちらも殴り合いの演技でしかないのであれば、ここで奇妙な顛倒が生じる。つまりリアルであるのは、実際の殴り合いとされている方ではなく、殴り合いの演技をしている方なのだ。なぜなら殴り合いの演技をしている演技とは、殴り合いの演技であるから。
 ガンペが舎弟と殴り合いの映画ごっこをしているシーンの生々しさは、それゆえ最も感動的なのである。映画は映画だ。

  
 ガンペは劇中の監督にダメだしされる、目を痙攣させて睨めと。テイクは積み重なるが、うまくできない。ラスト、現実の世界でガンペの目が痙攣する。
 本物が偽物をなぞる顛倒。映画は映画だ。
 

 
 
スポンサーサイト

テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

  1. 2009/03/30(月) 23:32:22|
  2. 映画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<パッセンジャーズ(ロドリゴ・ガルシア) | ホーム | 「チェンジリング」(クリント・イーストウッド)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pointbreak.blog66.fc2.com/tb.php/222-45dc41cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

著書

プロフィール

中澤正行

Author:中澤正行
撮影監督

主な作品
2006「天使の卵」
同年 第50回三浦賞受賞
2008「あの空をおぼえてる」

Follow Me on Pinterest

メールフォーム

お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。