撮影監督の映画批評

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「アンダーカヴァー」(ジェームズ・グレイ)

 (ネタバレあり)
 監督のジェームズ・グレイは、公式サイトで次のように言っている。
 

「(前略)皮肉を交えず、観客とキャラクターの間に距離感のない、冷笑することも見下すこともない映画を作ること。私は誠実な映画を作りたいんだ」


 誠実すぎて、その誠実さすら気取られないのではないかと杞憂を抱いてしまうほど誠実な映画。
 その誠実な演出をふりかえってみたい。
 たとえばジョセフ(マーク・ウォールバーグ)が凶弾に倒れたとの知らせを受ける父バート(ロバート・デュヴァル)を、どのように捉えているか。
 ボクシングジム内をその練習風景を捉えながらキャメラは横移動していき、その奥でサンドバックを抱え選手を鼓舞するバートを捉える。息を整えたバートは、キャメラが移動してきた先に目をやる。その見た目でとらえられるやってくる警官。バートは、その言い出しにくそうな様子から了察し、どっちの息子かと気丈に問う。警官らが去った後、キャメラはジムを引き画で捉える、それと同時に倒れるバート。
 キャメラの横移動は、遅れてやってくる警官らの動きに先行する凶報の予感である。であればこそ、バートは予め察するのだし、そのキャメラからの拘束を解かれた引き画で倒れ込むのだ。

 ボビー(ホアキン・フェニックス)が裏切り者だとわかるまでのサスペンスを、最初は頭全部を覆う麻袋、次にマスクと、視覚的にも徐々に面が割れるように演出している。しかもそこで最後まで覆われているのは口なのだ。その呼吸のし辛さの音響がサスペンスを亢進する。

 喧噪(ボビーの店、警察のパーティー)と静寂(ボビーのボスの家、教会)のコントラストを隣り合わせるうまさ、それは即ち兄と弟のコントラストを際立たせる為に呼応しているのであって、例えばデブの嫁とセクシーな恋人(エヴァ・メンデス)という幾分わかりやすすぎもするコントラストもそうである。
 そのようにして際立てられた兄と弟のコントラストは、父の死をきっかけにそれが反転することのコントラストを際立てる為のコントラストである。と、ここまではウェルメイドな作劇にすぎない。ジェームズ・グレイの誠実さは、反転するコントラストのグレー(中間域)の部分を丁寧に描いているところにある。つまり反転するまでの中間域を描きたいがための/際立たせるがための中間域を欠いたコントラストの描写。
 2度の銃撃がある。1度目は兄ジョセフ、2度目は父バート、それを経て変化するボビー。1度目の銃撃で退路を絶たれたボビーは半ば消極的に受動的に変化を受け入れる。そして2度目の父親の死で能動的に変化するドラマなのだ。この1度目と2度目の銃撃に挟まれた部分がジェームズ・グレイが最も描きたかったはずの中間域である。父親の承認がほしいだけの弟にすぎず、あまつさえ父親に甘えもする。それを演じるホアキン・フェニックスが素晴らしい。コントラストの両極は演技も演出も容易い。難しいのはその中間域なのだ。
 それがあって、兄ジョセフから手渡される父の拳銃を構えるボビーの顔に感動する。そこまでその顔を耐えてきたホアキン・フェニックスとジェームズ・グレイの演出の勝利である。
 
 


 劇中、ナイトクラブのシーンでキッド・クレオール&ザ・ココナッツのコーティ・ムンディが出ていた。懐かしい。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2008/12/28(日) 18:15:36|
  2. 映画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「GHOST TOWN」(デヴィッド・コープ) | ホーム | 「ミラーズ」(アレクサンドル・アジャ)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pointbreak.blog66.fc2.com/tb.php/217-0ff2c754
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

著書

プロフィール

中澤正行

Author:中澤正行
撮影監督

主な作品
2006「天使の卵」
同年 第50回三浦賞受賞
2008「あの空をおぼえてる」

Follow Me on Pinterest

メールフォーム

お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。