撮影監督の映画批評

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「デトロイト・メタル・シティ」(李闘士男)

 他人が羨む才能に、当の本人は気づいていない/気づきたくない。そんな根岸崇一=ヨハネ・クラウザーII世(松山ケンイチ)のことを知悉している二人の女性は、気づかせることができないことも知っていて、ただ彼が気づくのを見守る。本人が気づいていないだけだと知りながら、気づかせることはできず、ただ気づくのを待つしかないのだと見守る二人の女性とは、デスレコーズ社長(松雪泰子)と、崇一の母、啓子(宮崎美子)である。

 そんな母子の物語。

 崇一が田舎に帰り、引き払われたアパートに一人佇む社長。そのガランとした部屋のベランダで、物干竿に残されたプラスティック製のハンガーが1つ、風に吹かれてカランカランと乾いた音をたてている。その音響を我々はもう一度聴くことになる。
 母に誘われ訪れた神社で、風に吹かれた絵馬がカランカランと乾いた音を響かせるのだ。その絵馬に書かれていたのは啓子の祈願であるが、それは即ち社長の祈願でもある。
 そう、祈ることしか知らない二人の母の祈りなのだ。
スポンサーサイト

テーマ:デトロイト・メタル・シティ - ジャンル:映画

  1. 2008/10/17(金) 18:30:36|
  2. 映画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「春琴物語」(伊藤大輔 ) | ホーム | 「その土曜日、7時58分 」(シドニー・ルメット)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pointbreak.blog66.fc2.com/tb.php/204-6fab56d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

著書

プロフィール

中澤正行

Author:中澤正行
撮影監督

主な作品
2006「天使の卵」
同年 第50回三浦賞受賞
2008「あの空をおぼえてる」

Follow Me on Pinterest

メールフォーム

お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。