撮影監督の映画批評

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「ホウ・シャオシェンのレッド・バルーン」

 「ホウ・シャオシェンのレッド・バルーン」と「(ジェイ・チョウの)言えない秘密」、リー・ピンビン撮影の最近作2本を観る。
 共通するのは、ライティングの巧みさと、おそらく可能なかぎりシャッター開角度を狭めているであろうモーションブラーを減じた撮影(「言えない秘密」に顕著、しかしこれには一貫性を感じられなかったので、もしかするとNDフィルターの代用にすぎないのかもしれない)、窓外からのフレーミングや、構図としてのボケあし、エドワード・ヤンを髣髴させるガラスの鏡面的使用など、もちろん同一人物の手によるものなので散見されはするが、一見全くの別物である。この柔軟性は見習いたいし、それでも確固としてあるリー・ピンビン節は流石だ。

 「ホウ・シャオシェンのレッド・バルーン」のパンについて。

 ホウ・シャオシェンと組むリー・ピンビンのパンのあの粘性は、本作においても遺憾なく発揮されている(ジェイ・チョウと組むリー・ピンビンのパンにその粘性はない)。とりわけ特筆すべきは、スザンヌ(ジュリエット・ビノシュ)のプロフィールへと終/執着する3つのパンである。

 1つ目は、階下の住人マルコが友人を連れてスザンヌの部屋を訪問するシーン。
 洗面所で化粧しているスザンヌと、やってきたマルコとその友人をパンで繋ぐのだが、そのパン角度は直角に近い、つまりパンしろが長い。にもかかわらず、その2点をカットでつなぐでもなく、スウィッシュパンでつなぐわけでもなく、ゆるやかにパンするのであるから、双方のアクション/リアクション(ダイアローグ)をオンフレームで捉えることは不可能である。パンのきっかけは、オンフレームにあったり、オフフレームにあったり、その都度どちらかのアクションにあるのだが、そうしてパンされた先のフレームは、常にそのリアクションに間に合わないのだ。つまりパンのきっかけとなったアクションに対するリアクションは、決まってパンしろの間になされており、パンが行き着く頃には、とうの昔にリアクションを終えてしまっている、そのようなパン。しかしそれは、その遅れて到着したパンが捉えるスザンヌこそ、我々が見たいスザンヌであって、それ以前のスザンヌなど見たくはないのだと思わせるパンなのだ。我々が見たいのは、パンの行き着く先のスザンヌであって、スザンヌのリアクションではない、だからパンがリアクションに間に合う必要などない。

 2つ目は、列車内で並んで座るソン(ソン・ファン)と中国人人形師と、対面して座るスザンヌとの往復パン。これも同じくパンのきっかけこそ、オフであれオンであれ劇中のアクション/ダイアローグであるが、パンの到着を左右するものはない。そうしてスザンヌのプロフィールでパンが終着したとき、そのオフでソンがスザンヌの言葉を通訳しているのが聞こえる。スザンヌが語りかけた言葉でありながら、そのスザンヌを捉えたフレームの外で、そのダイアローグが繰り返されている。スザンヌはそのダイアローグの主ではなくなっているのだ。ダイアローグから自由になったパン。ホウ・シャオシェンとリー・ピンビンのパンは映画が駆動させるパンであり、物語/ダイアローグが要請するパンではない。だからそのパンの行く先にあるスザンヌ=映画の横顔に感動するのだ。

 最後は、盲目の調律師がやってきた部屋に帰宅するスザンヌの1シーン1カット。もはや贅言を要さない完璧なカット。
 
スポンサーサイト

テーマ:ミニシアター系 - ジャンル:映画

  1. 2008/09/17(水) 00:52:02|
  2. 映画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「パコと魔法の絵本」(中島哲也) | ホーム | 「あなたの目になりたい」(サッシャ・ギトリ)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pointbreak.blog66.fc2.com/tb.php/191-6db54889
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

著書

プロフィール

中澤正行

Author:中澤正行
撮影監督

主な作品
2006「天使の卵」
同年 第50回三浦賞受賞
2008「あの空をおぼえてる」

Follow Me on Pinterest

メールフォーム

お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。