撮影監督の映画批評

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「あなたの目になりたい」(サッシャ・ギトリ)

 見ることをめぐる映画には目がない。

 「あなたの目になりたい」のは、フランソワの目になりたいカトリーヌで、視力を失っていくのはフランソワである。でありながら、彼女をモデルにその胸像を制作する前半は、あたかもそれとは真逆の描写と見紛う。
 制作中もフランソワは、モデルのカトリーヌに話しかける。しかし、カトリーヌはモデルであるから、動くことはできない。カトリーヌを見つめながら話しかけるフランソワと、虚空を見つめながらしか話すことができないカトリーヌのそれは、そこに塑像がなければ尚更、盲目のカトリーヌに話しかけるフランソワであって、あきらかに顛倒している。なぜそれが魅力的なのかはわからないのだが。

 視力を失っていく描写として、像が崩れていくPOVの前に、懐中電灯で足下を照らしながら歩く視野狭窄的なシークエンスを配しているのが巧い。

 愛するがゆえに身をひくという「恋空」でもおなじみのパターン。



スポンサーサイト

テーマ:ミニシアター系 - ジャンル:映画

  1. 2008/09/16(火) 01:22:50|
  2. 映画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「ホウ・シャオシェンのレッド・バルーン」 | ホーム | 講義録のかわりに?成瀬巳喜男「乱れる」?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pointbreak.blog66.fc2.com/tb.php/190-50901dc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

著書

プロフィール

中澤正行

Author:中澤正行
撮影監督

主な作品
2006「天使の卵」
同年 第50回三浦賞受賞
2008「あの空をおぼえてる」

Follow Me on Pinterest

メールフォーム

お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。