撮影監督の映画批評

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「ラブストーリー・イン・ハーバード」

 韓国ドラマ「ラブストーリー・イン・ハーバード」に託つけて、恋愛ドラマ必須の演出について。

 「ラブストーリー・イン・ハーバード」は、全18話を通してキム・ヒョヌ(キム・レウォン)とイ・スイン(キム・テヒ)の相思相愛ぶりを描く。もちろんヒョヌのライバル、ホン・ジョンミン(イ・ジョンジン)などが周りを彩るが、例えば「バリでの出来事」のように二人の男に揺れる一人の女ということにはならない。ただ横恋慕するだけで、ヒョヌもスインもお互いのことしか見えない。
 では、二人の行く手を阻むのは、外的な障害でしかないのだろうか?
 もし、そのように描かれていたとしたら、どれだけ退屈なものになったろう。
 
 口ではそう言うが、私はあなたの目に宿るものを見逃さない、なぜならあなたを愛しているから。
 口にせずとも、私にはあなたのことがわかる、なぜなら愛しているから。
 愛し合っていても、お互いを知り尽くすことはできない。
 にもかかわらず、その空虚に耐えることができない、なぜならそれが愛するということだから。
 ありもしない相手の底意を、愛するが故に知りえたのだと捏造し、その空虚を埋めようとする、なぜなら愛しているから。

 これは愛するが故に相手のことを想って身を引くという恋愛ドラマにおける黄金律を説明している。相思相愛は決してスタティックな対称性におさまるのではない。外側からの妨害だけでなく、内側からも崩壊するのだ、愛し合うが故に。

 では、この非対称な眼差しをどのように演出するか?
 相思相愛の見つめ合う二人をカットバック(対称性)で捉えても、そこに孕まれる非対称な眼差しを顕在化することはできない。
 最も容易なのは、第三項を導入することである。第三項は例えばジョンミンであっても、何か景色であっても何でもいい。相手がその第三項を見るのを一方的に見つめさせればよい。が、それはいつ相手に見返されてもおかしくない束の間の眼差しであり、そこには相手が第三項を見る眼差しもあるのだから、見られずに見るという眼差しの非対称性だけを際立てるのは難しい。

 「ラブストーリー・イン・ハーバード」に限ったことではないが、恋愛ドラマ(にも限らないが)に頻出する黄金パターンがある。
 二人のうちのどちらかを眠らせるのがそれだ。
 「ラブストーリー・イン・ハーバード」では、ヒョヌもスインも本当に良く眠る。もちろん二人とも寝ているシーンだけを見せられても視聴者は困るだけなので、どちらかは起きているのだが。いつの間にか寝てしまうだとか、一人眠れず起き抜けるだとか、先に目覚めてしまうだとか。
 眠っている相手の眼差しは死んでいる。見られることなく見る非対称性は、透明な二人の対称性を曇らせる契機となる。

 どれだけ愛し合っていても、人は同時に眠ることもできず、同時に目覚めることもできない。
 それは、人は同時に死ぬことができないこと(同時に生まれたわけでもないこと)と相同的である。

スポンサーサイト

テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2008/08/27(水) 14:59:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「幸福の条件」(エイドリアン・ライン) | ホーム | 「バリでの出来事」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pointbreak.blog66.fc2.com/tb.php/185-c153f71e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

著書

プロフィール

中澤正行

Author:中澤正行
撮影監督

主な作品
2006「天使の卵」
同年 第50回三浦賞受賞
2008「あの空をおぼえてる」

Follow Me on Pinterest

メールフォーム

お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。