撮影監督の映画批評

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「告発のとき」と「ハードコアの夜」

告発のとき

 (ネタバレ注意)
 公式サイトを見てみたが、ポール・シュレイダー監督作「ハードコアの夜」への言及はなかった。もしかしたら、どこかでその影響関係について語られているのかもしれないが、とにかく似ている。

 行方不明になった息子を探す為に、単身フォート・ラッドの帰還地へ向かい、モーテルを拠点に調査するハンク(トミー・リー・ジョーンズ)。
 息子の携帯電話を手に入れ、そこにかろうじて残っていた画像が手がかりとなる。
 結局息子は焼死体で見つかり、その真相を探るなかでわかってきたことは、ハンクの考えているような息子ではなかったということ。そして息子を殺した仲間たちも決してそのようには見えなかった。

 一方「ハードコアの夜」は、ジェイク(ジョージ・C・スコット)が失踪した娘を探す為にロサンゼルスへと向かい、やはりモーテルを拠点に調査をはじめる。
 手がかりは、娘の出演している成人映画。
 娘を無事見つけるが、誘拐されたのだと信じていたジェイクに、娘は自分から飛び出したのだと告げる。

 どちらの父親も、別世界(イラク/ポルノ業界)を映像(携帯画像/成人映画)を通して垣間見、別世界でありながら、そこに住まう人々(息子の仲間の兵士/娘の捜索を手伝うポルノ女優ニキ〔シーズン・ヒューブリー〕)とは心通じ合う。では肝心の彼らの子とはどうなのかと言えば、どちらも彼らがそうだと信じていたかつての子供達とは異なっていた。
 どちらの父親もそのことを知りえる以前に、半ばそうと知りつつあっても、自らが抱く子供像に固執し続ける。
 自らの望まない結末を望むかのような倒錯した捜索。
 
 シュレイダーにハギス、どちらのポールも脚本家出身監督であるのは瑣談にすぎないが、双子のように見えてしまう両作品。
 二つの作品がよく似ているということが結論ではない。
 二つの作品がよく似ているということで、二つの作品の最大の違いであるはずの戦争とポルノが共に、決してなくならない別世界として並列する、そしてその別世界とは決して(ここではない、ある)場所なのではないと両作品とも語っている。
スポンサーサイト

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

  1. 2008/06/28(土) 20:55:54|
  2. 映画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<歩いても 歩いても | ホーム | ぼくの大切なともだち>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pointbreak.blog66.fc2.com/tb.php/168-e5fcacf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

著書

プロフィール

中澤正行

Author:中澤正行
撮影監督

主な作品
2006「天使の卵」
同年 第50回三浦賞受賞
2008「あの空をおぼえてる」

Follow Me on Pinterest

メールフォーム

お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。