撮影監督の映画批評

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「つぐない」

つぐない

(ネタばれあり)
 冒頭、戯曲を書き終えたブライオニー(シアーシャ・ローナン)は、母親に読んでもらおうと屋敷を探しまわる。ブライオニーのカメラに対して縦方向の動きを、カウンターの移動で捉え、スピード感を増している。カメラ奥に去って行く動きにはトラックバック、カメラ手前にやってくる動きにはトラックアップ(contract dolly)。
 カウンターの移動ショットは特殊で多用されるものではないのだが、もう一ヶ所使われている。
 ブライオニーの視点から、セシーリア(キーラ・ナイトレイ)の視点に変わり、もう一度噴水前の出来事までが語り直される際に、そのセシーリアのやはり屋敷内での動きをカウンターで捉えている。
 同じ時制が、異なる視点から語り直されるのに、それぞれの視点主の動きをカウンターで捉えて、最終的に噴水前の共通するイメージに収束されて別視点で語り直されていたのだとわかるまでの別々のイメージに同じフォルムを与えている。

 いとこたちとの会話に割って入る蜂の羽音。それが邪魔をしたわけでもないが、いとこたちは劇に興味を示さず部屋を出て行ってしまう。そこでやっと蜂の羽音に導かれ、窓ガラスにとまる蜂を見るブライオニー。その窓外、噴水前のセシーリアとロビー(ジェームズ・マカボイ)。
 蜂の羽音は、窓際に誘導して目撃させる為の道具にすぎないのだろうか。もしそうであれば、羽音が聞こえるのはもっと後でいい。彼女がいとこたちに話していた自作劇上演のための話の間中、ひっきりなしに聞こえていた。
 ラスト、彼女は作家として何冊かの小説を出版し、この「つぐない」が遺作なのだと語る。「つぐない」以前の作品に、セシーリアとロビーのことが蜂の羽音のように過っていたのではないだろうか。過剰な羽音は、彼女の生涯通じて消えることの無かったノイズ=セシーリアとロビーに対する罪悪感なのであろう。

 セシーリアは、タバコをくわえたまま池に飛び込む。バスタブから顔を出すロビー、見上げると窓外に戦闘機が飛んでいる。
 火と水、水(in&out)で繋ぎつつ屋外から屋内、水中(屋内)から空中(屋外)へと紡いでいく。このセシーリアからロビーを経て、来るべき戦争の兆しへと、後半の戦場での描写になって遡及的にそれとわかるさりげない配置。

 ブライオニーに顕著なのだが、プロフィールの構図を多用している。
 昨日観た「賭博師ボブ」(ジャン=ピエール・メルヴィル )でも、男を見送った後、残されるアンヌ(イザベル・コーレイ)をプロフィールで捉えていた。
 横顔は語義どおり、あまり知られていない一面なのだ。かいがいしく男を見送ってもアンヌは貞淑な女ではないという横顔。ブライオニーの知られていない企み。
 語義どおりと言いつつも、あまり知られていない一面としての横顔は、実は我々には隠されている方の横顔のことではないだろうか?
 隠された方の横顔を喚起する為に撮影されるもう一方の横顔。
 プロフィールは、二つあるはずの目を一つ隠してしまう。その隠された目に何が宿っているのか、問わずにはいられない。

 セシーリアのアパートを訪ねるブライオニー、そこにはロビーがいた。全てを話すブライオニー。セシーリアとロビーに詰られ、窓外を見るブライオニー。そこには乳母車を押す老婆がいる。
 この老婆は一体何なのか?
 この一連は作家ブライオニーの創作だと後でわかる。
 そう解ってはじめて、この老婆は、老作家ブライオニー自身なのだと遡及してわかる。
 
スポンサーサイト

テーマ:つぐない - ジャンル:映画

  1. 2008/05/07(水) 20:45:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「ブレス」と「接吻」 | ホーム | 「フィクサー」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pointbreak.blog66.fc2.com/tb.php/156-74ad5fac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

著書

プロフィール

中澤正行

Author:中澤正行
撮影監督

主な作品
2006「天使の卵」
同年 第50回三浦賞受賞
2008「あの空をおぼえてる」

Follow Me on Pinterest

メールフォーム

お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。