撮影監督の映画批評

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

潜水服は蝶の夢を見る

潜水服は蝶の夢を見る

 前半のほとんどをジャン=ドー(マチュー・アマルリック)の主観=POVで通すのは、「潜行者」でハンフリー・ボガート扮するヴィンセントが、整形手術で顔を変えるまでのほとんどを一人称カメラで通したのを髣髴させる。ただ、「潜行者」のボガートと異なり、ジャン=ドーは動くことができない。
 この一人称表現の息苦しさは、スクリーンが大きければ大きいほど甚だしい。
 一人称カメラに絶えず言われる窮屈さ、息苦しさを、逆手にとり、観客にLocked in syndrome(閉じ込め症候群)を擬似体験させる。
 
 アメリカン・シネマトグラファー誌によると、撮影監督のヤヌス・カミンスキーは、ジャン=ドーのPOVにシフトレンズ(ARRI Shift&Tilt system)とレンズベビーを使用したらしい。
 レンズベビーは普通写真用のいわばトイレンズで、マウントをムービーカメラ用に改造させて使っている。(レンズベビーについては、過去のエントリーで詳しく紹介しています) 
 
 このように趣向の凝らされたPOVでもあり、その狙いもよくわかるのだが、それでも尚/それだからこそ、ここまでの苦痛をしいられなければならないものかとも思うのだ。
 当然、観客は客観的なカットを希求する。そしてそれがどのように差し出されるのか。
 曖昧なのだ。
 潜水服に閉じ込められたジャン=ドーが蝶へと変わるのを、徐徐に描いているのだから、それに伴う語りもまた徐徐に、曖昧に、なされるのだというのも、わからなくはないのだが。
 
 
 病室に電話を設置しにきた業者が、ジャン=ドーが喋ることができないことをアンリエット(マリ=ジョゼ・クローズ)から知らされ、無言電話をかけるんだろうと冗談を言う。悪い冗談だと憤慨するアンリエット、笑っている業者と一緒に心の中で大笑いするジャン=ドー、「君(アンリエット)には、ユーモアがわからない」
 観客席に縛られた観客が、ベットと車椅子の上で身動きの取れないジャン=ドーの視線と同一化させられながら、このシーンで観客はアンリエットの視点に立っている。観客は、悪い冗談だと言うアンリエットに同調するから、ジャン=ドーの内声を聞いて微笑ましくなるのだ。

 そう、われわれ観客は、観客席という潜水服に身を沈めて、映画という蝶の夢を見に来ているのだ。
 それなのに、潜水服の夢を見させてどうするのだと言いたい。(あるいは、それだからこそ、この映画は素晴らしいと言うべきなのか)
 如上のシーンが物語るのは、ジュリアン・シュナーベル監督の意図(おそらくジャン=ドーの主観からその客観)に反して、ジャン=ドー以外の登場人物の視点から見せてしまう映画の力なのである。
 映画作家は、観客の視点を誘導するのが仕事でありながら、コントロールしようとすると裏切られるのが映画なのだ。だから、映画という蝶に潜水服を着せるべきではない。


 
 
 
スポンサーサイト

テーマ:潜水服は蝶の夢を見る - ジャンル:映画

  1. 2008/02/11(月) 21:22:07|
  2. 映画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<さよなら。いつかわかること | ホーム | 「フィールド・オブ・ドリームス」と「ペパーミント・キャンディー」>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/02/11(月) 21:29:07 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

遅ればせながら昨夜やっと観賞。金曜日のラスト回はいつもは見慣れないネクタイの中高年族が数人ずつ来ていて、客層が新鮮だった。脳梗塞の恐怖はこのあたりに強いのでしょうね。
ところで最初の延々と続く彼の視界に合わせた映像ですが、それまでにチラシ等で予備知識があるせいか、あの映像を見ながら、彼の心情になるだけでなく、あんな風にしか見えない彼を何時しか眺めていて、まるで私は、あの場の空気になって観察したような気分でした。
この映画で面白かったのは、やっぱりシニカルな視点を忘れない彼の声にならない心の声です。カッコ入りの日本語の字幕を、フランス語の語調に合わせて自分の中でセリフとして聞いていて、その調子が痛ましさより、笑いのリズムになっていました。だからおすぎさんが「この映画で泣かない人がいるなんて・・・」と泣かせどころを絶賛してたらしいけれど、涙は出なかった。たやすい涙を拒否する誇り高さが彼の真髄でもあったはずです。すき放題やって、揚句にこんな風になった自分を、反省と共に自嘲してるような視点に惹かれたのでしょう。フランス人器質と言うか、それがよかった。
狭い視界で彼を覗き込む顔のアップが多いから、介護するのが知的で陰影のある美人ぞろいと言うのもこの映画の特徴ですね。いくら美人でもこれが日本人の平板な顔や、アメリカ人等の大味さでは、こんな映像でここまで映画が持たないと思う。そんな2点から、フランス映画だからこそ生かされる設定だなあと思いました。
ラスト等、最初の映像を逆送りしてたのでしょうか。手持ちのフィルム等を使って、案外低予算で出来てるのではと、ちょっと生意気に想像。
このところ公開される映画が本当に多くて、でも映画人口は今ひとつ伸びてないような気がします。昨夜は団体のネクタイ族と言う珍しい層に出会ったようにように、いつもは映画を観ない人々を映画館に足を運ばせる話題性や社会性がヒットには必要なようですね。そんな意味では貴重な作品だったと思います。
  1. 2008/02/23(土) 08:14:55 |
  2. URL |
  3. 映画のツボ #-
  4. [ 編集]

> 映画のツボさん
コメントありがとうございます。
おっしゃるとおりシニカルな視点というのが、この映画の特徴ですね。それが、いくぶん窮屈さを緩和していました。それでも私には辛かったのですが・・・。
本文でもふれましたが、この息苦しさは物理的なスクリーンの大きさに比例するように思います。私は映画館で前方の席で観ることが多いので、このような感想を持ちました。
きっとDVDで観れば、なんてことはないのだと思います。

  1. 2008/02/24(日) 22:11:17 |
  2. URL |
  3. DPMN #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pointbreak.blog66.fc2.com/tb.php/153-1470a2d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

著書

プロフィール

中澤正行

Author:中澤正行
撮影監督

主な作品
2006「天使の卵」
同年 第50回三浦賞受賞
2008「あの空をおぼえてる」

Follow Me on Pinterest

メールフォーム

お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。