撮影監督の映画批評

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「タロットカード殺人事件」

タロットカード殺人事件

 ピーター(ヒュー・ジャックマン)のパーティーで、サンドラ(スカーレット・ヨハンソン)とシドニー(ウディ・アレン)が、ピーターの目を盗んでワインセラーの隣にある地下室に忍び込むくだりは、ヒッチコックの「汚名」を髣髴させる。
 サンドラの戻りが遅いので地下へと向かうピーター、地下室に閉じ込められ解錠するための暗証番号を思い出せないシドニー。万事休すと思わせてピーターの目前で既に脱出し終えたシドニーとサンドラを見せる、この極端な時間の縮減はジョン・バダム得意の演出を髣髴させる。
 九死に一生を得たサンドラは、ピーターと一夜を共にし、ピーターが眠っているのを見計らい再度地下室へと向かう。そこで発見するタロットカード。それを見るサンドラのクロースアップに続いて、寝室でサンドラの不在に気づくピーターのクロースアップ。再度、(今度こそ)見つかるかもしれないというサスペンス。結論から言えば、今回も回避される。しかしその回避のされかたが予想を裏切る。
 サンドラの不在におかしいと気づいたピーターが、地下室へと向かうだろうことは前回のくだりを見ている観客の自然な発想。さらに前回の学習から今回もそこで既に脱出し終えているのではないかという発想も想定内。しかし今回はサンドラが既に寝室に戻っているという迎え撃ちには、想定外の不意打ちを受けるのだ。

 ウディ・アレンのカメラワークは、さりげなさこそ最もテクニカルなことだという証で、ズーミングがこれほど自然になされているカメラを知らない。(撮影者の目から見るとさりげないズームほど、さりげなく見逃せないものはない)
 長まわしのイメージはウディ・アレンにはないが、それは本当の長まわしができる演出家の証であって、それは縦の演出とパンの演出ができるということに他ならなく、本作でそれは遺憾なく発揮されている。
 
スポンサーサイト

テーマ:ミニシアター系 - ジャンル:映画

  1. 2007/11/09(金) 02:18:29|
  2. 映画感想
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<「エディット・ピアフ 愛の讃歌」 | ホーム | 「ブレイブワン」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pointbreak.blog66.fc2.com/tb.php/132-d327e355
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【 スカーレット・ヨハンソン 】について最新のブログの口コミをまとめると

スカーレット・ヨハンソンに関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。
  1. 2007/11/09(金) 13:14:05 |
  2. プレサーチ

著書

プロフィール

中澤正行

Author:中澤正行
撮影監督

主な作品
2006「天使の卵」
同年 第50回三浦賞受賞
2008「あの空をおぼえてる」

Follow Me on Pinterest

メールフォーム

お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。