撮影監督の映画批評

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「ブレイブワン」

ブレイブワン

 復讐に至る原因となる事件が冒頭すぐに描かれるのだが、観客をエリカ(ジョディ・フォスター)に感情移入させる充分な描写になっているのが巧い。

 暴漢にただ襲われるのではなく、それがビデオで撮影されるに及び観客は否応なくこの復讐劇の世界に入り込む。なぜか?
 この許せない暴挙を撮影しているのが、「ブレイブワン」の撮影監督フィリップ・ルースロ(厳密に言うと彼のオペレーター)ではなく、登場人物である暴漢だからである。(もちろんそれも厳密に言えばオペレーターが撮影しているのであろうが)
 いまだ映画の外にいる観客が、観客席に身を沈めスクリーンを見つめる。予告編が始まり、本編が始まる。いつ観客は映画の中に入るのか?
 「撮影されたものとしての映画」として見られている限り、依然として映画の外=観客席にいる冷静な観客のままである。
 が、ビデオで撮影された許されざる暴行を見る観客のフレームは、その時すでに映画の中にシフトしているのだ。
 映画というフレームを忘れさせる為のフレーム内フレーム。
 「撮影されたものとしてのビデオ映像」を撮影されたものとして見られることがない限り、観客はすでに映画の中にいる。
 これは登場人物のPOVが、観客を感情移入させるのに極めて効果的であることと同根である。


 婚約者が犬を連れてくる間、アパートの入口でひとり待つエリカの背中を、カメラは内側から外向けでドアのガラス窓で矩形に切り取っているのは、幸せの最中に来たりくるものを先取りしているようで素晴らしいカットになっている。
 幸せだった主人公が不幸な事件に巻き込まれ・・・というようなストーリーを語るときに、ただシーケンシャルに描写するのではなく、このように予感させるようなカットをストーリーの要請とは関係なく紛れ込ませるセンスを映画的だとしたい。

 
スポンサーサイト

テーマ:ブレイブワン - ジャンル:映画

  1. 2007/11/04(日) 00:53:27|
  2. 映画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<「タロットカード殺人事件」 | ホーム | グッド・シェパード>>

コメント

ブレイブワン 駄作
  1. 2008/06/06(金) 10:52:10 |
  2. URL |
  3. z #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pointbreak.blog66.fc2.com/tb.php/130-30c669e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

著書

プロフィール

中澤正行

Author:中澤正行
撮影監督

主な作品
2006「天使の卵」
同年 第50回三浦賞受賞
2008「あの空をおぼえてる」

Follow Me on Pinterest

メールフォーム

お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。