撮影監督の映画批評

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『ハドソン川の奇跡』(クリント・イーストウッド)

(ネタバレあり)


有名な実話をエンターテイメントに昇華するには、事実を曲げない程度のアイディア(脚色)が必要で、本作でそれは、サレンバーガー機長(トム・ハンクス)に、判断が間違っていなかったのにもかかわらず、間違っていたかもしれないと思わせることである。つまりイーストウッドは、間違っていたかもしれないと思わせるだけでドラマになると看破したのだ。

これはミッドライフ・クライシス(中年の危機)を描いた映画、例えば『アメリカン・ビューティー』(サム・メンデス)のような話型に近い。
ジョセフ・キャンベルはミッドライフ・クライシスを「梯子を上まで登って、それが間違った壁にたてかけてあったと気づくようなもの」だと言っているのだが、まさにサリーはパイロットとして42年かけて登ってきた梯子が、間違った壁に掛けてあったのではと苦悩するのだ。
イーストウッドが巧いのは、何が起こったのかという回想を、サリーが妻に電話をし初めて間違っていたのかもしれないと口にする、そこから始めているところだ。平凡なストーリーテラーなら、何が起こったかを最初に見せてしまうだろう。しかしイーストウッドはそうしない。だから、観客も間違っていたのかもしれないという視点から、何が起こったのかを見ることになる。

名作『素晴らしき哉、人生!』(フランク・キャプラ)で、主人公ジョージ(ジェームズ・スチュアート)は、すべてに絶望し、自分がいなければみんな幸せになっていた、生まれてこなければよかったと洩らす。それを聞いたジョージの守護天使は、彼が生まれてこなかった世界(パラレルワールド)に彼を連れていく。そこでジョージは自分がいないことでみんなが不幸になっているのを目の当たりにして気づく。自分は必要とされていたのだと。

イーストウッドは、サリーが機長でない世界(パラレルワールド)を、守護天使を登場させる代わりに、国家運輸安全委員会(NTSB)による公聴会でのフライトシュミレータで見せている。サリーがいなければ悲惨な事故になっていたのだ。

42年かけて登ってきた梯子の上の208秒で、間違った壁にたてかけてあったのかと、別の壁(パラレルワールド)があったのかと苦悩する。しかし、別の壁(ラガーディア空港か、テナーボロ空港に緊急着陸)では、その梯子は倒れてしまう。やはりそれは正しい壁だったのだと気づくストーリーに脚色されているのである。

スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2016/09/27(火) 00:13:17|
  2. 映画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

著書

プロフィール

中澤正行

Author:中澤正行
撮影監督

主な作品
2006「天使の卵」
同年 第50回三浦賞受賞
2008「あの空をおぼえてる」

Follow Me on Pinterest

メールフォーム

お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。