撮影監督の映画批評

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「ポエトリー アグネスの詩」(イ・チャンドン)

 (ネタバレあり)
 映画は川面をゆっくりと溶明して始まり、そのままパンアップして川にかかる橋をロングにとらえる。聞こえてくる子供たちの声、その音源をフレーム内に探す。橋の上からなのかと目を凝らすが、遠すぎてわからない。キャメラはおもむろに川の流れをフォローし上手にパンをはじめ、音源の主である中州で遊ぶ子供たちをとらえる。そこではじめてオフフレームから聞こえてきた声だったのだと了解する。いくら橋の上に目を凝らしても、なにも見えないはずだ。ところが、その子供が流れてくる死体に気づく段になって、果たして我々観客は重要ななにかを見落としたのではないのだろうかという気分にさせられる。ここで奪われているのは、あったはずのアグネスの落下なのだ。
 ミジャ(ユン・ジョンヒ)が通う詩作教室の講師は、次のように言う。あなたがたはリンゴを知っているかもしれないが、実はリンゴのなにも見ていない、詩を書くということは見ることだと。
 ミジャは、孫の犯した事件や、アルツハイマーの罹患など自身に降り掛かる重大事よりも、詩作に夢中になる。ミジャはそれと知らずに詩作に救いを求める(仮託する)。だから、示談金がどうにもできないことより、アルツハイマーが進行することより、詩が書けないことが、重大事なのだ。
 彼女は、いつのまにか詩が書けるようになっている。いや、最初から書けたのだ。書けることを認めなかっただけだ。だから映画は、彼女の気づきにいたる過程を描く。
 詩を書くことが世界を見ることであれば、ミジャはただ今まで見なかったものを見るだけでいい。
 ミジャが見なかったものとは、我々観客も見なかった、橋の上のアグネスである。(奪われたアグネスの落下は、帽子の落下が先取りしていた。ただ我々も見たことを認めなかっただけだ)
 詩が書けたこと(その内容)など実はどうでもいい(これは映画なのだから)。見ることができたことが、ただただ感動的なのだ。
スポンサーサイト
  1. 2012/03/10(土) 02:45:18|
  2. 映画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「J・エドガー」(クリント・イーストウッド)

(ネタバレあり)
 映画は、J・E・フーバー(レオナルド・ディカプリオ)が、自身の回顧録を口述筆記させる現在と、そこで語られる過去とを平行して描いていく。ラスト、トルソン(アーミー・ハマー)が指摘するように、そこで語られるのはフーバーにとって都合良く脚色されたストーリーだ。つまりフーバーは「信頼できない語り手」であるということ。
 白い馬は横切らなかった。横切ったのは、年老いたトルソンの型板ガラス越しのシルエット。フーバーの口述を躊躇わせたのは、白い馬ではなく、トルソンだった。
 白い馬とトルソンのシルエット(黒)に仮託されるフーバーのためらいの描写も見事だが、さらに巧いと思ったのは、口述の冒頭だ。
 パーマー司法長官宅の爆破テロ。若きフーバーは、その現場で警察と話し込むパーマー司法長官を見る。そしてそこに落ちているビラを見つけ拾う。そのフーバーの姿をパーマー司法長官が見て、自分の部下だと警察に説明する。フーバーが再び顔をあげ、パーマー長官の方を見るとすでに彼らはフーバーの方を見ていない。
 これこそフーバー(信頼できない語り手)が、そのように見てもらいたい姿そのものである。人知れずやったはずのことを、実は見ている人がいた。この話形のもつ誘惑はフーバーならずとも抗いがたい。人は人知れずやったことこそ、人知られたいものなのだ。

 フーバーが鏡の前で女装するのは、回顧録を閉じたのちのフラッシュバックで示されるが故に感動的だ。鏡と言えば、この「J・エドガー」ほど鏡を利用した演出がなされているイーストウッド作品を他に知らない。どれもさりげなく、エドワード・ヤン的な鏡の使用(盗聴器を仕込みにいくところや、トルソンにスーツを見繕ってもらうシーンなど)もあって、リフレクション好き(私)には最高の映画である。
 
 フーバーが亡くなったと知らせを聞いたトルソンが、玄関からメイドに案内され階段をのぼり、部屋のドアをあけ、調度品の間を縫って、ベッドわきで横たわる遺体に辿り着くまでが、執拗なまでの丁寧さで描かれる。これがイーストウッドの天才なのだ。イーストウッドでなければ、遺体に辿り着くまでの描写はそこそこに、対面してからのトルソンの嘆きを延々と撮るだろう。イーストウッドにおいては、それが顛倒している。そこでなされる嘆きの演技よりも、それに至る迂回にこそエモーショナルなものがあるのだという演出は、なかなか真似できるものではない。
  1. 2012/03/06(火) 19:32:58|
  2. 映画感想
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

著書

プロフィール

中澤正行

Author:中澤正行
撮影監督

主な作品
2006「天使の卵」
同年 第50回三浦賞受賞
2008「あの空をおぼえてる」

Follow Me on Pinterest

メールフォーム

お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。