撮影監督の映画批評

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「カーネーション」第7週「移りゆく日々」(第42話)

 朝ドラの「カーネーション」が面白い。とくに今回の42話の完成度は傑出していて、凡百の映画より見事な演出だと思った。
 唄の稽古をつける善作(小林薫)は、すでに一人だけになってしまった弟子に今日で終わりにさせてくれと告げる。弟子は実を言うと一人になってしまってやめるにやめられなかったのだと言って承知する。このシーンがただの前フリに堕してないのは、この弟子の言い訳だ。この言い訳は、売るものがなくなっても尚小原呉服店をやめるにやめられなくなった善作本人に重なる。それを受けての「千秋楽」とのセリフだから味わい深い。
 そして我々視聴者は電器屋で布に包まれた看板らしきものを見る。誰もがそれがなにであるか即座にわかるというのに、それをこの回では一切見せない。わかっていても、あえて見せないことで(ドラマを)見せる。料亭でも、善作が何を商店街の人々に告げたのか誰もがすでにわかっているのに、あえて聞かせない。そのことで(ドラマを)効かせる。(まるでエルンスト・ルビッチの演出を見るようだと言えば、褒め過ぎか)
 善作が朝の光あふれるなか店じまいをし、最期に感慨深げに看板を見上げる。すばらしいのは、ここで妻の千代(麻生祐未)が善作を家のなかから見つめていることだ。対峙しているのに視線が交差しない。そして2人の間には、善作が見つめている看板ではなく、しっかりとミシンがフレーミングされている。このカットバックに看板がインサートされることはもはやない。
 見ている人を見るのは我々視聴者であって、ここでの千代、そして料亭での奈津(栗山千明)がそうなのだ。この一つ引きこもった視線は本来映画の得意とするところのものであるはずだが、まさか直接的なわかりやすさを第一義とするテレビドラマ(しかもたった15分)で見るとは思わなかった。
 
スポンサーサイト
  1. 2011/11/20(日) 14:33:28|
  2. 演出
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ブルーバレンタイン」(デレク・シアンフランセ)

 評判は知りつつも劇場で見逃して、DVDにて。REDで撮影された現在部分と、Super16で撮影された回想部分の差異もDVDではさしてわからず劇場で観なかったことを後悔。

(ネタバレあり)
 犬に"Love-A-Lot"と名前を付けたのは「愛のそよ風」(クリント・イーストウッド)だが、いなくなるのを夫ディーン(ライアン・ゴズリング)が先に知り、その死を妻シンディ(ミシェル・ウィリアムス)がみつけ、そしてそれをより悲しみ嘆くのはディーンだという本作の犬は、それだけでこれから描かれる2人の"Love"を先取りしている。

 最初の回想シーンで、老人の部屋から出て来たディーンは、その戸口で何かを見て立ち止まる。その何かを見ているディーンの顔に、現在のシンディのクロースアップを繋げ回想あけとしているのだ。その現在のシンディは、庭で犬(Love)を埋めるディーンを見ている。つまりここでは過去のディーンが何を見て立ち止まったのかはわからない。

 それがわかるのは、後のシンディに寄り添った回想シーン。シンディは祖母の部屋のドアを閉めようとして、廊下を挟んだ対面の部屋からディーンが出てくるのを見る。それは我々観客が最初の回想ですでに見ているディーンだ。つまり老人の部屋を出たディーンが見たのは、シンディだったのだとここで初めてわかる。

 都合二度繰り返されるディーンのまなざしの先は、
1)犬(Love)を埋めるディーンを見るシンディ(現在)
2)一目惚れするディーンを見るシンディ(過去)
 
 一目惚れしたというディーンが、同時に主張するのが、以前にも彼女を知っていたような気がするということ。これを聞いて我々観客は居心地がわるくなる。なぜなら我々は、ディーンがシンディに出会う回想の以前に、すでに結婚数年後の2人を見せられているからだ。つまり彼女を知っていたような気がするという以前が、結婚数年後の現在を指しているような倒錯した感覚に陥る。

 一目惚れ"Love at first sight"であるはずのまなざしには、同時にその"Love"の埋葬も折り込まれている。映画は現在と過去を交互に描いていき、一目惚れは結婚に、犬/"Love"の死は離婚に形を変える。
 しかし"Love at first sight"が"Love"の死に、結婚が離婚に形を変えるのではない。それらは相互に折り込み済みであって、視点の相違でしかないのだ。

 朝の8時から飲むような(情けない)仕事なのか、それとも朝の8時から飲める(ぜいたくな)仕事なのか。ここにあるのは視点の相違でしかない。(例えば、山中貞雄の「河内山宗俊」にも次のようなセリフがある。「なんだ、お前片足が短けえな」「馬鹿野郎、ほんの片足が長いだけだ」)

 恋愛とは男と女が出会うのではない。出会いと別れが出会うのだ。
 
  1. 2011/11/08(火) 20:30:00|
  2. 映画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

著書

プロフィール

中澤正行

Author:中澤正行
撮影監督

主な作品
2006「天使の卵」
同年 第50回三浦賞受賞
2008「あの空をおぼえてる」

Follow Me on Pinterest

メールフォーム

お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。