撮影監督の映画批評

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

歩いても 歩いても

歩いても歩いても

 (ネタバレ注意)
 類型的な描写を、類型的ならざる案配で重ねることで、ユニークな作品に仕上げている。
 それぞれのキャラクターのそれぞれの行動そのものは類型的でありながら、重ねられる類型的な行動の振り幅がユニークなのだ。
 
 脚本家の君塚良一氏は、著書「脚本通りにはいかない!」で「なつかしい風来坊」(山田洋次監督)を採りあげ、以下のように述べる。

人には、そのときどきのシチュエーションで、優しくなり、人の気持ちを思えるときがある。逆に、疑い深くて人の気持ちを考えられないときもある。心とも言えるそれは、そのときどきで揺れ動く。わたしは、それを「心の幅」と呼ぶ。胸から二本の羽根が出ていて、それが開いたり閉じたりしているようなものだ。人の気持ちを思えるときは、その羽根が開いていて、心に幅がある。逆のときは、羽根が閉じて、心に幅がない。この映画は、二人のキャラクターのその羽根が開いたり閉じたりする様を見せ、それが笑いと感動を呼んでいる。


 「なつかしい風来坊」では、その心の羽根の開閉は物語の展開に資するよう案配されている。つまり開閉=振り幅は、物語がコントロールしている。
 一方、「歩いても歩いても」では、その開閉=振り幅はその都度、類型的な物語の進行を裏切る。つまり心の羽根の開閉をコントロールするのは、物語ではなく、持ち主であるところの人なのだ。
 例えば母(樹木希林)と良多の妻(夏川結衣)とのやりとりの、あの目まぐるしい振幅。そこには物語ではなく、人が描かれていた。

 だから、唯一残念に思われるのは、長男のかわりに生き残ったヨシオ君なのだ。なぜあそこまで類型的人物にしなければならなかったのか。もっとニュートラルにして、それだからこそ親子の視点の違いで受け取り方が変わる、そのような人物像にすることはできなかったのか。もちろんそうすることで、笑いがなくなってしまうかもしれない。しかし、あそこだけやけに大きな顔をした物語が、シーンを支配していた気がしたのだ。
スポンサーサイト

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

  1. 2008/07/01(火) 01:55:44|
  2. 映画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

著書

プロフィール

中澤正行

Author:中澤正行
撮影監督

主な作品
2006「天使の卵」
同年 第50回三浦賞受賞
2008「あの空をおぼえてる」

Follow Me on Pinterest

メールフォーム

お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。